もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『OS X Lionのマルチタッチジェスチャー、「ナチュラル」はnaturalなのか?』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

07月

23


皆さんはLion飼い始めましたか?

OS X v10.7 Lionのイメージ


Macの新しいOS、OS X v10.7 Lionがリリースされましたね(o°▽°)o
皆さんは、もう触ってみましたか?

リリース直後に手持ちのMacに上書きでインストールした方。
私のようにHDDにパーティションを切ってLionを入れた方。
リリースされたばかりの新型MacBook AirやMac miniを購入した方。
どうですか?
私はなかなか良い感触です。^^

まだまだ様子見、Snow Leopardの方やそれ以前のOSの方のたくさんいると思いますので、今回の話はちょっとピンとこないかもしれませんがおつきあい下さい。


Lionに触った方はまず最初に「うっ!」っと思うのはスクロールのジェスチャーがそれまでのOSと逆になっていることだと思います。

つまりSnow Leopard以前では
ウィンドウをスクロールする時、指を下に動かすと画面が下に送られます。
指を上に動かせば画面が上に送られます。

が、Lionでは指を下に動かすと画面は上に送られて、指を上に動かすと下に送られます。
つまりLionはiPhoneやiPadと同じ操作になるわけです。
例えば紙のうえに指を置いて上にはらえば、紙自体が上におくられ紙の下部が視界に入ってきます。物理的にモノをいじっているイメージで操作するのがiOSであり、Lionです。
LionはiOSとの融合、フィードバックがテーマのOSです。
iOSとMac OSとの垣根をはらいiPhoneやiPadユーザーが違和感なくMacを操作出来るよに、ということでしょうか。(笑)


とにかくジェスチャーに関しては今までと逆ですから、戸惑いがあります。

もちろんAppleもそれをわかっているので、Lionを使う前の「ようこそ」のローカルアカウントや基本情報の登録画面の最後にスクロールのジェスチャーをさせてからLionに入れるようにしています。

OS X v10.7 Lionの最初のアカウント設定のページの最後にジェスチャーが逆転したことがわかるようになっている。
ちゃんとMacBook Pro仕様の画像、マシンによってはマジックトラックパッドのバージョンもある。



これはちょっと厄介ですよ…。
いや、今までと違うことが厄介なのではありません。
そんなものは慣れればいいだけのことなので。
そうではなく、しばらくのあいだはSnow LeopardメインでLionを触るつもりなので、逆のジェスチャーを同じマシン、そして同じ頭でやらなくてはいけないのは面倒だなと。
そんなことをTwitterでつぶやいていたら、皆さんからアドバイスをもらいました。

1.LionのジェスチャーをSnow Leopardに戻す。
2.Snow LeopardのジェスチャーをLionに改造する。

集まってきた意見はこのどちらかです。
「なーるほど」と感心していたのですが…。



(=_=)
ん?
なんか
同じような事が大昔にもあった気がするぞ…。
デジャヴというやつでしょうか?

いやいや、確かにありました。


 === 以下、脳内の回想シーン ===

ユコ「何これ? スクロールが変だよぅ~~」(´Д⊂ヽ

ユコ「スクロールのジェスチャーを逆転させるアプリなんてあるんだ…」

 === 回想おわり ===



Σ(゚Д゚;)
これは!
私が初めてMacを買った時の事!
思い出しました!
今から約4年半前、MacBook黒を使い始めた頃のシーンが頭をよぎりました。


生まれて初めてトラックパッドに触った私。
2本指でトラックパッドをなでるジェスチャーでスクロールが出来ることにはめちゃめちゃ感動したんですが、
スクロールしようと指を動かすと私の意思とは反対方向に画面が送られます。

「あれ?あれ? なんで感覚と逆に動くんだ…、使いづらっ!(・∀・;)」

私には指を下に送ると画面が下にスクロールするのは感覚的ではないと思ったんですね。
ジェスチャーを逆転させるソフトがあったようですが、結局これまでの標準に従おうと、頭をそれ用に切り替える訓練をしたのでした。(要は慣れるよう頑張った)


…なつかしい(^∀^;)

今までパソコンというものをほとんど触ってこなかった、何も知らない私がnaturalな状態でトラックパッドを触った時に感じた事です。

ということは、Lionを初めて触った時、違和感を覚えたこのジェスチャーは私にとっては元は自然なジェスチャーだったのです。
私の本来の感覚で操作出来るLion。
慣れるのに、時間はかからなそうです。^^



 * * *

多くのMac使いさんたちが、このジェスチャー逆転問題の意見や慣れるための方法論、私がTwitterでアドバイスをもらった提案の様にカスタマイズの方法を記事にしています。
考え方、とらえ方は様々ですが、触った瞬間に違和感がなかった人はいないでしょう。

人間はとても環境に左右される生き物です。
今まで慣れ親しんだ動作と逆なのですから、戸惑いが全くない事はないはずです。

でも、それは単に慣れの問題であって…。
自分にとって本当に自然なのはどっちなのでしょうね?





これはたかがMacのジェスチャーの話ですが、実は何にでも言えることだったりします。^^;)
自分にとっての"普通"が、"当たり前"がどこから来てるのか?
そしてそれは本当に自分にとっての"普通"や"当たり前"なのか?
なんて言い出すとキリがないのでやめておきますが(笑)


ちなみに、Lionの環境設定の画面で、この上下スクロールを今まで通りにすることが出来ます。

OS X v10.7 Lionのマルチタッチジェスチャー、スクロールの方向を反対にするには?

システム環境設定 > トラックパッド > スクロールとズーム > スクロールの方向
システム環境設定 > マウス > ポイントとクリック > スクロールの方向
ここのチェックを外すと今まで通り。

Appleさん、この仕様を"ナチュラル"と言い切ってますw
私的には本来の意味でnaturalなのでこれで良いんですけどね。
全然ナチュラルじゃない人がたくさんいるような気がします(笑)



と、自分のnaturalも思い出しましたし、これからOS X v10.7 Lionに進んでいく事を考えると、私の場合はSnow LeopardのジェスチャーをLion風に改造するのが一番いいかなと思います。
(ずいぶん前からトラックパッドのマルチタッチジェスチャーのエントリをあげようと思ってたんですよ~。)

基本的にはLionの仕様に♪
でも、Lionの不合理と思うことろは自分仕様にカスタマイズ。
コレでしょう。(・∀・)


パソコンは自分のやりたいことを手助けしてくれる道具です。
UIの優れたMacを使うのですから、自分のnaturalな感覚と考えに従って、自分にとっての快適な環境を作り上げたいものですね。(*´ー`*)




LionはMagic Mouseもいいけれど、やっぱりMagic Trackpadが必要だと思う…。



OS X Lion
カテゴリ: 仕事効率化
デベロッパ名: Apple®
リリース日: 2011/07/20
対応デバイス: Mac
価格: ¥2,600(価格は変動することがあります。購入の際はよくご確認下さい。)


ちょっとLionを使ってみようって人は、私と同じようにパーティションを作ってLionを入れてみるのをおすすめします。(ノ´∇`*)
[07/19]【Mac】後からハードディスクのパーティションを変更(追加・削除)しました ~OS X Lionの大部屋作り~
[07/21]別パーティションからOS X v10.7 Lionをインストールする方法


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Lion タグ OS タグ Apple タグ トラックパッド

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『マルチタッチトラックパッドのジェスチャーを知らなかったねこ先生(ジェスチャー一覧)』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

02月

24


こんにちは、yucovinです。

3月2日に明らかにiPad2関連の発表があるという事で、昨日の夜は盛り上がっていました。
そしてMacBook Proの新型は?!
気になる事いっぱいですが、だからと言ってMacユーザーの全ての人がいつでも最新情報に身を躍らせている人ばかりではありません。

今日はそんなお話。w



マルチタッチトラックパッドのジェスチャーを知らなかったねこ先生


ご存知、ねこ先生(私の上司)は、先月MacBook Air 13インチ(フルスペックカスタマイズ)を手に入れサクサクと仕事に勤しんでいるわけですが、ちょっとした事件がありました。


ねこ先生が休憩時間に、インターネットでかわいい猫の写真のページを見ていました。
写っている猫自体はとてもかわいいのですが、なにやらぶつぶつ文句を言っています
「ページの作り方が悪いなぁ。「次を見る」を作らないと…」
どうもそのサイトの作りが悪いと訴えています。


ん????
ねこ先生の"ぶつぶつ"を聞いて、私はピンと来ました。
webブラウザで前のページに戻るのは手間なので、「次の写真を見るためのリンクを貼れ」と言っているのです。
そのサイトの作りが親切じゃなかったとしても、私の感覚では文句を言う程の事ではありません。

ねこ先生は文句を言っている。

わざわざ文句を言うくらい、戻る操作が手間(だと感じている)。

つまり三本指スワイプを知らない!


(; ̄□ ̄)ガーン!まさか!

「先生! コレ知りませんか?!」
横から身をのりだし、MacBook Airのトラックパッドで三本指スワイプをする私。ページを戻してみせましたが、先生には何が起こっているか分からない様子。

yuco「三本指で、こうやるとページを戻したり進ませたりできるんですよ!」

ねこ「はぁ?!何ソレ(´Д`)」

yuco「とにかく!とにかく! やってみて下さい!! 三本指で~、左に動かす。」

ねこ「うわ! Σ(゚Д゚;)」


戻したり、送ったり試しています。
ねこ先生は三本指スワイプを知りませんでした…。
衝撃!

yuco「ねこせんせい!!! 三本指ワイプを使わずして、使わずして、このトラックパッドを使っている意味ナッシングです!!( #`Д´)」

力説する私!
だってこのジェスチャーが出来るのと出来ないのではウェブを見るときの速さが違うと思いません??
(マルチタッチトラックパッド使ってない人、使ってる前提で話を進めてごめんなさい)

yuco「この三本指スワイプを使えば、今までより効率があがります! 速く、そしてストレス無く!(`・ω・´)ノ」

ねこ「うわ~~、そうなの?! 全然知らなかったんだけど!!Σ(゚Д゚;)」

yuco「はっ! ま、まさか、2本指スクロールは?!(´Д`;)」

ねこ「そ、それは、さすがに知ってる!!(・∀・;)」



白熱しまくりの2人。
語尾に全部『!』がついてます。(笑)



ねこ「ま、まさか、三本指って…!!」

yuco「いや、MacBook黒では出来ませんでした!」
(ねこ先生が前に使っていたのがMacBook黒2008)

ねこ「あぁ、良かった。ずっと知らないで使って来たのかと思ったよ。…あ!これは知ってるよ!」

ピンチのジェスチャーで拡大縮小を見せてくれます。

yuco「知ってるじゃないですか~」(内心ホッ)

ねこ「いや、あの、違うんだ。こないだ(インターネットしていて)『字が小さくて読めない~(-""-)、iPhoneみたいに拡大縮小出来たらいいのに!』と思って何気なく指動かしたら、Macでもそうなってビックリした!」




そうなのです。
当然なのですが、ねこ先生は、今までのMacBook黒では無かったマルチトラックパッドのジェスチャーの事なんて全然知らなかったのです。
申し訳ない事に、私自身もジェスチャーが当たり前になっていて全く気がついてあげられませんでした。
ごめんなさい、ねこ先生。

と、思いつつも大笑い。
バカにしてる訳ではないんですけど、なんだかおかしくって。w


知らないともったいない、ジェスチャー。
日々是勉強です。

(ジェスチャーに関していえば知っていましたが、私も基本的な事や初歩的な事で知らない事がたくさんありそうです。精進せねば。)




マルチトラックパッドジェスチャー一覧


マルチタッチトラックパッドやマジックマウスのジェスチャーは本当に便利ですよね。皆さんも多用してると思いますが、ねこ先生みたいな人やこれからそういうものに買い替える人の為にちょっとおさらいを。(と言っても画像を持って来ただけw)



基本ジェスチャー
マルチタッチトラックパッド基本ジェスチャー
基本中の基本。yucovinは、カチリとクリックすると指が疲れるのでタップでクリックにしている。おかげでいつも誤クリックしまくっている。だってちょこっとふれちゃうことあるでしょ?


2本指ジェスチャー(1)
マルチタッチトラックパッド2本指ジェスチャー(1)
これもかなり多用するジェスチャー


2本指ジェスチャー(2)
マルチタッチトラックパッド2本指ジェスチャー(2)
ピンチは私は片手でやるのが難しいので(反応が悪くなる)いつも両手の人差し指を使っている。回転はほどんど使う事がない^-^;)


3本指ジェスチャー
マルチタッチトラックパッド3本指ジェスチャー
革命的3本指ジェスチャー、ページを戻るのに使いまくり。個人的には3本指ドラックは使いづらいと思う。


4本指ジェスチャー
マルチタッチトラックパッド4本指ジェスチャー
使う頻度は少ないけど、何気に便利。ここまで使えばジェスチャー上級者w


ねこ先生に三本指以外も教えてあげなきゃ(・∀・)


 * * *

ちなみに、現行バージョンのfirefoxでは三本指上スワイプでwebページの一番上に。下スワイプで一番下に飛びます。これも便利。

それからジェスチャーの割当が出来るソフトもあります。
MultiClutch
システム環境設定のその他のところにMultiClutchが出てくるのでそこからアプリを選んで、ジェスチャーを割り当てます。




MacBookシリーズでない人はコレ!単品トラックパッド。


マウスのジェスチャーはトラックパッドー1本指というカンジ。w




このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookAir タグ トラックパッド

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『トラックパッドでどこまで出来るか? ~お絵かきツールとしての可能性~』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2010年

07月

30


Appleからノートパソコンのトラックパッドを単体製品化したMagic Trackpadが発売されたばかり。
もう手に入れて使用感のレビューをしてる方々もいらっしゃる。皆さん素早いのだ。

わたくしyucovinは、MacBook Proがメインマシンなので、わざわざMagic Trackpadを買う事はないと思う。
思うのだがしかし「トラックパッドでどこまで出来るのか?」という素朴な疑問が湧いたため、少し試してみることにした。

と、いうのも一昨日、私が書いた『Magic Trackpadの魅力と大きな可能性(仮)』というエントリを読んだ友人N氏と話をしていた際、彼が
「マジックトラックパッドで絵とかも描けるかなぁ?」
と言い出したのだ。
「え? 不可能とは言わないけど相当難しいでしょ。無理無理。(`・ω・´)ノ」
などと軽く流してしまった。マウスの方がまだましでしょ、と。


………
いや、さっきまで本当にそう思っていたのだが、
「トラックパッドで絵が描けるのか?」という言葉が何故だか引っかかる。喉に引っかかった小骨のようである。

「そんなら、描いてみたらいいじゃん」
簡単な事だ、実際トラックパッドで絵を描いてみればいい。
今まで、はなっからダメだと思っていたのでやった事がなかったのだ。


サクッと描いてみた
100730_イッチー

なんだこれ?! 意外と使えるではないか!
自分でも吃驚。
いやぁ、すみませんでした、トラックパッドさん。これくらいなら出来ちゃうんですね、あなた。
「やっぱりダメでした、描けませんでした」と云う事を証明しようとしてたんだけども…。


[今回使ってみて感じた事]

指が迷ったらダメ。線がガタガタになる。一気に指を走らせたい。
故にトレース作業(何かを正確に写し取るような動作)は大変。
あまり大きな絵は向かない(難しい)。トラックパッドの大きさに収まりそうなサイズ感の絵が描きやすい。
細かい描写はかなり厳しいので、上のような線一本描きで描き直さないような適当なイラスト系が向いている。(他の事はちゃんと試してないのでわからないが、線を引いてみてそう感じた。)


数分描いただけなので、もっと使い込んで慣れれば良い物ができるやもしれぬ。。可能性は感じるなァ。上手い絵描きが使えば良いものが描けるに違いない。
細かい作業は難しいのでわざわざトラックパッドを使う必要は全く無いと云えるが、簡単なものなら全然いけそう。(気軽に描きたい時、ペンタブレットが無いけどどうしても絵を描かなきゃならない時には使える?。)
こんなタイプの絵ならマウスよりも描きやすい。

ちなみに、Magic TrackpadはMacBookのトラックパッドより大きかったり傾斜がついてるが、その事による違いはそれほどないと思われる。上記した「絵のサイズ感」が違うかな?という気がするくらい。


いやはや驚いた。
もちろん、お絵描きツールとして万能とは言えない。
しかし、自分が思っていたよりも全然使えた。
Magic Trackpadの魅力と大きな可能性(仮)』にかいた「トラックパッド、マウス、ペンタブレットの適性イメージ図」は撤回しなくては。


お絵描きツールとしてどこまで出来るかの答えは、ちょっとすぐには出ないけれど
また時間のある時にトラックパッドでお絵描きしてみます。ハイ。






このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Macアクセサリー タグ トラックパッド タグ 絵日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。