もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『修理に出していたMacBook黒をApple Storeでピックアップ』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

06月

24


昨日のエントリで
「iMac 27インチの上げ下げは止めなさ~い、体悪くするよ~」
という有り難いお言葉をたくさんかけてもらったユコびんです。

皆さんの気持ちがとっても嬉しかったので、次の日も元気にiMacを上げ下げしてきました。

え~、大丈夫ですよ~p(^-^)q
腕ぷるぷるしてますけど(笑)

17インチのMacBook Proを背負って移動する方が300倍くらい大変ですから~o(´∀`)o
27インチiMacの片道スクワットなんて、それにくらべたら全然www


と、比べる対象が全然違う気がしつつも、本日のエントリです。
( ´∀`)ノどぞ




ねこ先生のMacBook黒をApple Storeでピックアップ


昨日、Apple Storeに預けてあったねこ先生のMacBook黒を拾ってきました。
(ねこ先生は忙しいので、代理)
今回はリペアセンターに送られる大規模な修理ではなく、Apple Store内で行える範囲の修理です。

参考:[06/14]機転のきくGenius BarスタッフとAppleのサービス



修理したMacBookをピックアップするだけなので、ジーニアスバーの予約はいらないとのこと。
手が空いた隙をみて、アップルストアに突撃です(`・ω・´)ノ
アップルストア銀座
昨日も暑かったですよね。
ジーニアスバーで用事が済んでも汗だくだくだくだくだくだくでしたw


アップルストア銀座の4F ジーニアスバーは混み混み
ジーニアスバーはいつもにまして混んでいました。どこまでがone to oneのお客さんかはわかりませんが、待っている人がたくさんいるのは一目瞭然でした。
手が空いているスタッフさんを捕まえるのも一苦労^^;)


Genius Barサービス見積書の控えをスタッフさんに渡して、指示を待ちます。
(控えがあれば代理人でも引き取る事が出来ます。)


控えを渡したスタッフさんとは全く違うスタッフさんがねこ先生のMacBook黒を持ってやってきました。
引き渡しのために2人でカウンターに行きますが、本当にこの日のGenius Barはめちゃ混み、みちみちで座れると席が1つだけしかありませんでした。

ねこ先生のMacBook黒をピックアップ
混み混みのカウンターに座り、引き渡し。
Genius Barの修理確認書に書いてあることを説明されて、おしまいです。

トップケースの交換。以上!
(今回は割れ扱いだったので無料でしたが、トップケース交換は9,500円+技術料3,250円で12,759円のようです。ちなみに修理交換扱いのBatteryは税込み9,030円でした。)


それだけでは、ねこ先生に突っ込まれた時困るので、不具合の様子を見てくれたのかを確認。
こどものお使いでは、ねこ先生に満足してもらえないですからね(笑)

「検査プログラムを走らせて異常なし」という結果が出てると説明される。
検査プログラムってカウンターでやるアレじゃないですよね~? ファンは?ファンはどうなったんですか~?等聞く私。しばし説明を受けました。


とはいえ受け付けてくれたスタッフさんでもないし、ましてやアップルストア内でこのマシンをリペアしてくれたわけでもないので、報告として上がっているもの以上の事は聞き出せず。

修理確認書に受取人として、私のサインをして…
任務完了です!(`・ω・´)ゞしゅぴーん

おつかれさまでした~。



 * * *

私のMacBook黒の受け取りが終了すると、隣に座っていたおじさんが私の方をじろじろ見て「(後から来た客"私、ユコびんのこと"がすぐに相手をされているのに)自分はずっと待たされている! いつになったら順番がまわってくるんだ!」とスタッフさんを捕まえてご立腹の様子。思わず説明してあげたくなりました…。私は別枠だったんですよ~って^^;)


エレベーターを待っている間に、4階のフロアでGenius Barの受付をしてるお客さんがいましたが、20分後くらいの時間の案内をされていました。
予約表的には空きが存在するんでしょうけど、スタッフさんもこの込み具合を見てたら普通に予約入れちゃダメなんじゃ…と思いました(^∀^;)


うーん。本当に混んでいましたね。

でも以前は、Genius Barに来てもスタッフに声もかけられず、ただひたすらじーっと待っているしかなかったですからね。何もわからないまま30分以上待たされた時は流石に順番ぬかされているじゃないかと思いましたもん。
後ろのモニタに一応予約の名前が出てるんですけど、あれは不安でしたよね。

今は、Genius Barについた時点で、ちゃんとスタッフに案内されますしね。
何もなくて何十分も待つより、最初に案内があって何十分も待つ方が良いですw
安心感があります。^^;)



 * * *

事務所に戻って来て、ねこ先生に報告です。


しかし…
最近は小さいのはMacBook Airしか見てないし、
MacBook Proは17インチだから相対的に厚みが目立たないけれど…。

じっと見ているとMacBook黒が随分分厚く感じます^^
おかえりなさい、MacBook黒さん
薄型のお弁当箱でしょうか…

がんばって奇麗に拭いてくれたような跡ありますが。
あまり奇麗じゃありません。(笑)


裏面
帰ってきたMacBook黒の裏側 バッテリーがあたらしい
バッテリーだけが奇麗w


開けると…
トップケースが新品になっています。
帰ってきたMacBook黒のトップケースも新品交換
トラックパッドが妙にざりざりして新品であることを主張しています。


交換修理で手に入れたバッテリー(9,030円。普通に購入すると¥15,800。同じ物ですが、かたや修理保証とかたや製品保証ということで、保証の期間が違います。)
MacBook黒の新しいバッテリーはピカピカ
私が使っていたMacBook黒のものとはプリントされている物が違うよな…?(-""-)イヤイヤ気のせいか。
リサイクルマークが輝いてますwww


ねこ先生のMacBook黒は私の物とは比べ物にならない程酷使され…
でもボトムケースは交換されてないのでボロボロ。
角という角がハゲハゲです。(^∀^;)
バッテリーとトップケースが新品過ぎて、異常なアンバランスさです。




と、外観はあまり重要ではありません…。
不具合はどうなっているのか?

ねこ先生に代わって軽くチェックです!

取りあえずiPhoneを繋げてみますが…。iTunes、iPhotoともにどうしてもiPhoneを認識してくれません。何度試みてもダメ。
いきなり困った…(・∀・;)


取りあえずiTunesも含め、様々なアップデートをかけてみる事に。
(ググってみると認識しない時の対処法にバージョンを最新のものに上げる、というのがあった。)

が、ここで、まさかのパスワードエラー!Σ(゚Д゚;)
なんで?
ねこ先生と二人で唸りますが、違う物は違う。
ねこ先生が登録し間違えたくらいしか考えられないのですが…。
しかし理由はなんであれ、これでは何も出来ませんので、どうにかしないと。


通常のパスワードの変更は、システム環境設定 > アカウントから。しかしこれは現パスワードが必要です。
そんな時はパスワードのリセット。インストールディスクからリセットが可能です。

そのままだと調子が悪い…。
アカウント管理画面もおかしい…。アカウントが複数選ばれて解除出来ない~。



うお~、面倒い。ヽ(`Д´)ノ
けど「MacBookの設定をする簡単なお仕事です」なので、やります。w
頑張ります。
インストールディスク、手元にあってよかったw


パスワードのリセットをして、Appleのソフトウェアアップデートをかけます。
これが随分時間がかかりました。
何故かアップデートは2回に分かれていました。
インストール中、ファンがガンガン回り、また電源が落ちるかと思いましたよ(~_~;)冷や汗


アップデートをかけてからは、iTunesもiPhotoもiPhoneを認識してくれるようになりました。


iPhoneの写真をiPhotoに表示する時はかなりファンがまわりますが、落ちはしませんでした。

とりあえず、しばらく様子見です。
普通に使えるようになってるといいんですけどね。(*´ー`*)






おまけ。
最近Apple Storeに行くと必ず2階のアクセサリーコーナーに立ち寄ります。
17インチのMacBook Proが入るバックパックを物色するためです。
実際に17インチ対応モデルはほとんどないのですが、同じシリーズのサイズ違いや型違いの物でも、実物を見ておくことで、17インチ用も想像ができますから。
昨日は定番INCASEの他に、NIXONもバックパックが2種類増えてました。

そしてバックコーナーの横にiPad用アクセサリーが置いてあるんですけど…。
ん?? 
これは! あのウワサの"Origami"ではないですか!(o°▽°)o

ウワサの元
Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard, iPad and iPad 2をゲット -おかゆ MacBook


Origami Workstation for iPad and Wireless Keyboard
incaseのOrigami Workstationがアップルストアに売っていた。
Appleのワイヤレスキーボードを包むケース?をパタッと折るとiPadスタンドに。

Origami Sleeve for iPad
incaseのOrigami Sleeveもアップルストアに売っている。
iPadを入れるケース。中身を取り出して折るとこちらもiPadスタンドになるのですw


Origami Workstationの方はサンプルがあるようで、スタッフさんがPadを立ててお客さんに説明していました。
それを興味ありげにチラ見する私でした。アヤシい…www


このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBook タグ AppleStore タグ GeniusBar タグ トラブル タグ iPadアクセサリー

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『機転のきくGenius BarスタッフとAppleのサービス』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

06月

14


ちょっと前のエントリで、ねこ先生の調子の悪い先代機のMacBook黒をGenius Barに持っていた話はしましたよね。

ねこ先生のMacBook黒をGenius Barへ ~本日の絵日記~ - 2011.06.02


持って行ったけれど、結局「OSのクリーンインストールをして下さい」と言われおめおめと?戻って来たという…。(笑)



事務所に戻ってMac OS X 10.5のレパードをクリーンインストールし…。
そこから何も進展していませんでしたが、
ねこ先生が
「やっぱり修理に持って行く!」
と言い出しました。

メインマシンはMacBook AirなのでMacBook黒は基本的に使いません。
結局クリーンインストール後の検証は出来ていないまま、またGenius Barに持って行きました。


再チャレンジMacBook黒でGenius Bar


Apple Store銀座
毎度お馴染みのApple Store銀座。




現地集合で予約の時間にちょっと遅刻してしまったyucovinでしたが、ねこ先生は4階のGenius Barにぽつんと座ってました。




平日の昼間で特に人は多くなかったのですが、スタッフさんもその分少なかったのか40分くらい待たされました。待っている間に現状のMacBook黒で不具合が出ないか確かめます。取りあえずiPhotoがiPhoneを認識しない症状は出ました。が、ファンの異常は出てくれません。やはりこのMacBook黒、Genius Barではいい子になってしまうのでしょうか?


Genius Barにようこそ




ねこ先生は30分異常待たされてイライラ。
「これさ、予約の時間が15分とか10分刻みであるから、時間通りに始まると思うよね。
仕事の合間に時間作って来てる人は困るよね」(^∀^;)

仕事の合間の時間にGenius Barに来ているねこ先生でした。




さてさて、やっとこさ、Genius Barのスタッフさん登場です。
今回はねこ先生の丸投げ(キラーパス)攻撃もなく、私は横に座って足をプラプラさせて傍観役でした。(笑)


前回Genius Barに来た時の流れをスタッフに説明しようとするねこ先生。
スタッフは、その時の記録が残っているんじゃないかと言って調べてくれました。
シリアルナンバーから記録が引っ張り出せるようですが、出て来たのはMacBook Airへの移行で手こずった時の記録だけでした。
(どうも前回のスタッフさんは記録を残さなかったようです。なんの修理もしないで持ち帰ったからかな?^^;)

そこでねこ先生がスタッフさんにサクサク説明します。
今回、私はふむふむ聞いているだけなのでラクチンです。

Genius Barでのねこ先生とスタッフ


前回のGenius Barでの話とMacBook黒の現状を簡潔かつ的確に説明するねこ先生
(ねこ先生は外に出るときは人の着ぐるみを着ていますwww)

今回のスタッフさんは、とてもカンジが良く、話がサクサク進みます。
ねこ先生がちゃんと機能しているというのも大きな要素ですが…(笑)

毎度お馴染みの簡易検査プログラムなんかも一通りやります。


MacBook黒を修理する方針は…


話の焦点は
『不具合が出るけれど、微妙にその再現性がないMacBook黒をどういう方針で修理するか』
です。


1)MacBook黒を全修理に出す


MacBook黒を修理に出すと最大45,000円。
45,000円出すからといって、全部パーツを取り替えてくれる訳ではありません。
その時リペアセンターで不具合が確認されたもののみです。


[不安要素]
リペアセンターで上手い事不具合が出ないと、再入院の危険性アリ。
その場合、また修理費がかかる。(繰り返す)


[yucovin的希望]
その時の修理で不具合が出なくても悪そうなとこ全部取り替えてくれたらいいのにネ(・∀・;)





2)MacBook黒、Genius Barで出来るとこまでで、アヤシいところを修理


Geniusのスタッフさん?がApple Store内で出来るとこだけ修理。
(マザーボードは無理の様です。)
ねこ先生のMacBook黒の症状から、Apple Storeで出来る範囲で修理交換した方が良さそうなところは…

・バッテリー(1万円弱)
・トップケース(1万4千円くらい)←たぶん
・ファン(数千円)←スミマセン、自分の事でないのすっかり忘れました。^^;)

このあたりです。


[不安要素]
これで不具合が直らなくて、修理に出す事になれば+45,000円を覚悟しないといけない。そんななら1)の方が…イイ??


[yucovin的希望]
トップケースはパームレストが割れてれば無償交換なんだから、もう割れる寸前のねこ先生のMacBook黒のトップケース交換に1万5千円弱も払いたくないです。(・∀・)




3)修理しない。サブ機が本格的に必要になった時MacBook Airでも買う


修理は諦めて、必要に迫られた時にでも安価なMacBook Airを購入する。


[不安要素]
特にない(笑)


[yucovin的希望]
もうこれで、いいんじゃ…



 * * *


しかし、ねこ先生が意を決して、わざわざGenius Barに来たのに『3)修理しない』なんてありえません。
しかも"新しいのを買った方が安い"という製造業の現状を憂いている先生です。
(この日もジーニアススタッフに熱く語っていた。「あのね、お兄さん、お仕事あるからももう行こうね、先生^^;)」)

とはいえ、何度も修理をして出費がかさむのはねこ事務所の経済状況から言っても避けなければなりません。
MacBook黒を全取っ替えしてくれるなら、第一希望は全修理の45,000円コースなのですが、それは叶いそうもありません。じゃぁ2)のApple Storeで出来そうな修理コース?
でもバッテリーはともかく、トップケースやファンを取り替えて本当に良くなるのか?
ダメだった場合そこからさらに+45,000円はキツいですよ…。

堂々巡りです。
どうするのが今の私たち(MacBook黒)にとって良いのでしょう?
スタッフさんがいろいろパソコンをいじりながら考えています。
(修理の見積もりを作っていた様です。)

その前で私とねこ先生が前回のGenius Barでの出来事や、MacBook黒について雑談ともとれる、希望的観測を話をしていました。



機転のきくジーニアススタッフとAppleのサービス


しばらくすると、ジーニアススタッフさんが思いついたように言いました。
「ん、わかりました」
そしてこう続けました。
「トップケースはもう割れそうという事がありますから、これは無償交換しましょう。ファンも意外と掃除して解決する問題かもしれません。これは開けてみてみましょう。なのでひとまず"バッテリー交換代だけ"と言う事でどうでしょうか?」

ねこ、ユコ「おぉ~!」(o°▽°)o

スタッフ「後に修理に出す事になった場合は、バッテリー代が余計にかかってしまったということになりますが、それだけですみます。」(´ー`)


なんて融通が利く、素晴らしいスタッフさんなんでしょ!
今の現状で、一番お金のかからない方針を打ち立ててくれました!

私たちAppleユーザーの立場に立ってくれたすばらしいサポートです。
これぞ、Apple!
これぞ、ジーニアススタッフ!

やんや、やんや
ねこ先生と私、Genius Barのカウンターで大盛り上がりです。
「素晴らしいサービス!o(´∇`o)」
「機転の聞くスタッフ!(*゚∇゚)」

正直太郎の2人です。端から見ると大仰に見えるくらい喜びをあらわにします。

スタッフ「いや、そちら(yucovinの事)からヒントを頂きましたので」(^-^)

私の「トップケースが割れそうなんです、ホラ~、ここの線が入ってくると、もうすぐ割れるんですよ~~」という発言を拾ってくれたのです。
有り難いですね。


ということで話はまとまり、取りあえずバッテリーの修理交換代を支払ってMacBook黒を預けて来ました。
(この時のお会計の様子が皆さんが笑ってくれたあのエントリです。[06/10]ねこ先生がApple Storeの会計時にスタイラスと出会った件 ~本日の3コマ漫画~
トップケース無償交換で、内部のお掃除、検査付きのApple Store入院です。
元気になって帰ってくるんだよ~~( ´∀`)ノ


 * * *


ねこ「いや~、yucovinと来ると良い事あるなぁ~。yucovinがいなかったらトップケース無償交換にならなかったよね。」

ねこ先生もご満悦です。
よかったよかった。(*´艸`*)

ねこ「yucovinがGenius Barで働いたら、お客さんの立場に立ち過ぎてなんでも理由くっつけて無償にしちゃいそうだよね。(・∀・)お客さんには良いけど、Appleには迷惑なスタッフになりそうwww」


ドキッ(・∀・;)
さすがねこ先生。
私がスタッフになったら…積極的にそうなりそうです。

しかしAppleのGenius Barは本当にいいサービスですね。
相談だけなら無料ですし。
こんなに親切なスタッフさんがサポートしてくれるところはそうは無いと思います。
(たまにトリツクシマもないスタッフさんもいますが…^^;)

ねこ先生もApple Storeが大好きになったようですwww






※ところで知ってますか?
このMacBookのバッテリーは単品を買うと定価¥15,800ですが、このように修理扱いで交換してもらうと9,800円(たしか。もしかしたら9,500円かも、後で確かめます^^;)
リチウムポリマーバッテリー (13インチMacBook用、ブラック)
別バッテリータイプの物は(おそらくどれでも)修理扱いで同じくらいの値段になると思われます。


サードパーティ製ならもっとお安いですけどね。
そろそろ古くなってきたモデルなのでこういう物を利用するのもアリですね。





このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ AppleStore タグ MacBook タグ GeniusBar タグ トラブル