もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『【SSD幻想シリーズ】MacBook Pro 17"(Early 2011)に ADATA ASX900S3-512GM-C 換装。快適です(*´ー`*)』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

07月

21


SSD! SSD! (( ゚ロ゚)ノ

私のSSD幻想(DD命名:SSDにしたら全てが素晴らしく幸せになると思い込みたい病気)の人生に終止符が打たれる時がきました(・∀・)。もう幻想なんて言わせないw

そうです!
ついに私のメインマシンMacBook Pro 17"(Early 2011)にSSDが積まれたのです!
512GBのSSDが3万をきったので、秋葉原にお買い物にいったのが7月の初めの方。やりかけの作業(仕事)の切りのいいタイミングで、サクッと換装しました。

今回、私が載せたSSDはコレ!
ADATA ASX900S3-512GM-C

ADATA ASX900S3-512GM-C × MacBook Pro 17



ASX900はADATAさんが5月にリリースしたばかりのシリーズ。故に「MacBook Proに載せました!」的なブログはほとんどありません。(なかったのは7月の初めで、今は私の様な人がたくさんいるかも?)

人柱になろうではないですか。
そうでなくてもMacBook Pro (Early 2011)の17インチはリリース後しばらくのあいだ、SATA3のSSDが使えないトラブル(AppleでBTOしたものは大丈夫…ってその場合何が積んであるんだろ?)があり、SSD販売店も『17インチに限って保証外』なんて言われてたくらいです。(現在は解決済み☆)



ADATA ASX900S3-512GM-Cのスペック


一応スペックを見ておきましょう。SSD軽いですよ~。

SATA 6Gbps (SATA 3Gbps互換)
容量:512GB
コントローラー:SandForce SF-2281
メモリチップ:MLC(25nmプロセス同期型NAND)
サイズ:100 × 69.85 × 9.5 mm(一般的な2.5インチ)
重さ:76g
機能:Trim、NCQ、S.M.A.R.T.サポート

読込速度:最大540MB/s
書込速度:最大465MB/s

付属品:マニュアル、2.5インチ→3.5インチ変換ブラケット、環境移行ソフトのシリアルコード(Windows用)



ADATA ASX900S3-512GM-C × MacBook Pro 17"作業手順。


では、早速作業に入りましょう。
用意するモノ。

○MacBook Pro
○ADATA ASX900S3-512GM-C
○精密ドライバー(プラスとトルクス)

ADATA ASX900S3-512GM-CパッケージとMacBook Pro 17

このMacBook Proの裏蓋を開けるのも最後かもしれないと思うと感慨深いです(-""-)ちーん。



まぁ、いつものことなのでサクサク作業を進めましょう。プラスドライバーを取り出して…( ´∀`)ノクルクルポイ
裏蓋はPH00を使います。

MacBook Pro 17
この17インチMacBook Proの裏蓋を外す時はちょっとしたコツがあるんです。
が、17インチがディスコンになった今、そんな記事を誰が必要とするでしょうか?(誰もいまい。)いつかエントリを書こうと思っていたのですが、もういいもん。いじいじ。φ(..)、、



メモリ換装にしろHDD換装にしろ、作業する時には静電気に注意です。こんな季節ですが(というか私が作業したのは梅雨でしたが)、何か金属を触って放電しときます。

MacBook ProのHDDを取り外す作業。

留め具を外し(ここもPH00)、それまでお世話になっていた(ハイブリッド)HDDを取り出します。

コネクターはこのようなっており、簡単に抜き差しができます。

MacBook ProのHDDのコネクター


HDDサイドのねじを付け替えます。ここで登場するのがトルクスドライバー。この間のApple Accentで話していたアレですね。サイズはT6。

MacBook ProのHDDのサイドのボルトねじを外して…

SSDの方にねじをつけ、後は全く逆の作業をすればOKです。

換装するSSDにねじを付け替え、コネクタをはめて元通り。


で、できた。(・∀・;)


そして、構成が変わったときは、
Mac の PRAM および NVRAM をリセットする
SMC (システム管理コントローラ) のリセット
をすることをオススメします~φ(・∀・ )


そしてSSDならではのTrimの有効化。
Appleでカスタマイズしたものでないと、Trimはサポートされません。
それを有効にするアプリはこちら。

Trim Enabler

使い方はすごく簡単です。(が、OSのアップデートの度に作業が必要。と聞いたのだが、違うみたいなので消し消し。)
参考:Trim Enabler2.0 最新版をインストール - 2階からMac



ADATA ASX900S3-512GM-C × MacBook Pro 17" ベンチマーク


ふぅ~。何事もなく作業は終わりました。
SSDのエントリで、皆さんが気になるところというと、ベンチマークじゃないでしょうか?
ベンチマークが全てではないですが、数字は分かりやすいので(笑)

[MacBook Pro 17"(Early 2011)]
CPU:2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(8MB 共有三次キャッシュ)Sandy Bridge
メモリ:16GB (1333MHz DDR3 SDRAM 8X2GB)
OS:OS X v10.7 Lion


ついでにデフォルトのHDDのものも比較対象としてあげておきます。

Xbenchで測定

○アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpm
アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmベンチマーク


○ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpm
ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpmベンチマーク


○SSD(ADATA ASX900S3-512GM-C)512GB SATA 6Gbps
SSD(ADATA ASX900S3-512GM-C)512GB SATA 6Gbpsベンチマーク


すいぶん速くなりましたね。数字の上ではスゴイ事になってます。(∩゜д゜)
(ADATA ASX900の公式スペックは上にあげた通りです、まずまずではないでしょうか。)


ADATA ASX900S3-512GM-C × MacBook Pro 17" 使用感


さすがSSD、起動関連はとても速いです。( ´ ▽ ` )ノ
林檎マークがでて起動するまで回るギアマークは半回転ちょっと。ギアマークが出ずに立ち上がることもままあります。(これにはビックリです。)

実際の作業も快適ですね。(私の場合重いアプリが結構多いので。)
ただ、今回の換装は"HDDからSSD"ではく、ハイブリッドHDDからSSD。直前に使っていたのがハイブリッドHDDだったので、感動は少なかったですね。HDD → ハイブリッドHDDの方が変化が大きかった(と感じた)。そいういう意味ではハイブリッドHDDを再評価。もちろん今のSSDの方が快適ですけど(笑)


HDDにはない熱や音問題もありがたいですね。
重い作業をさせなければ、静かなMacBook Proです。(私の場合、過酷なことをさせるので、ファンがガンガン回ることしばしば。そうなると他の音なんて全然気にならない、うるささw)

物理的回転体を持たないため、私のようにMacBook Proを持ち運ぶ人にとっては安心度が増します。

上手く表現できないんですが、快適さに不安がないです。静音性がそう感じさせているような気もしますが。


ADATA ASX900S3-512GM-Cを使い始めて半月弱経ちますが、取りあえず何事も問題無く使えています。値段も含めてオススメのSSDと言ってもいいかと思います(o^―^o)
(が、やはりバックアップを取ることは必要でしょうね^^;)





と、私のSSD生活は始まったばかり。(SSDといえば、MacBook Airがあるんだけどもそれはここでは置いておこうじゃないですか。)
まだまだ初心者なのであまり具体的に言える事はないんですが…このエントリを読んで「MacにSSDを載せちゃおうかなぁ」と思っている人にはコチラの記事がオススメ(`・ω・´)ノ

MacとSSD - あれやこれや備忘録

速いのは分かったけど…で、SSDってどうなの?という疑問が解消されると思います。




 * * *

私のMacBook Proもメモリ非公式MAX + SSDで最強になったんじゃないでしょうか?
すごいですよ~、快適です。しあわせです。
(SSD幻想はSSD妄想くらいになりました。)


もう思い残すことはないです。
これで、
RetinaのMacBook Pro 17インチ相当、それ以上のモノが出たら、
心置きなく、そちらに行けます。


って、いつ出るんだ!そんなものヽ(`Д´)ノ




この最強(笑)MacBook Pro 17"を大事にしていきます。
(( ゚ロ゚)ノ SSD!SSD!


おしまい。



私がADATA ASX900S3-512GM-Cを購入したのは7月の第一週。秋葉原で3万を切っているお店が少しあったからですが、今では軒並み3万以下です。
通販のドスパラだって29,790円です。(7/20日現在)
ADATA ASX900S3-512GM-C


  

発売してから安定して人気のCrucial m4 CT512M4SSD2は、まだ三万は切ってないみたいですね。私がASX900S3-512GM-Cを購入したあたりでは、同じくらいの価格だったんですけどね。8GB×2枚メモリは安すぎだわ~。(^◇^;)



スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookPro タグ SSD タグ HDD タグ Apple

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『SSD換装に向けて、Macのデータお掃除やらダイエットやらする ~くりんくりんくりんの絵日記』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

07月

19


みなさん、リンあれ2周年おめでとうコメントありがとうございました(*´ー`*)
さて、さて、本来なら2周年の前にup予定だったエントリ。

そうです、512GBのSSDを入手してごキゲンな私としてはMacBook Pro SSD換装についてあれやこれやと書きたいと思います。SSD換装、それだけではなんのことはない作業ですが、その作業に移る前に、中身つまり移動させたいデータのお掃除についての備忘録です。
(あ、なんかMacブログらしいwww)



SSDを載せる予定のMacBook Pro 17"(Early 2011)ですが、それまではハイブリッドHDD、750GB が載っていました。

現在の使用データ量は…460GBちょっと…φ(..)
SSDは512GBですから、データが入るにしてもちょっと手狭です。


こんな時くらいしかデータの整理をすることがない!
じゃ、やってやってみようじゃまいか(`・ω・´+) キリッ


『データさんが、新しいちょっと快適な家に引っ越しです。でも新しい家は小さい。引っ越しのために要らない荷物は減らさないとね』そんなところです。


通常のメンテナンス(+お役立ち機能)には定番onyXを使っています。
onyXは私がMacを使い始めた初期から利用させて貰っているフリー(ドネーション)の高性能メンテアプリです。

onyX
メンテアプリOnyXアイコン

お掃除関連は『クリーニング』メニューですね。
OnyXのクリーニングウィンドウ


このクリーニングはキャッシュやらログやら普段Macを使っていて意識していないものをお掃除してくれますが、今回は自分の保存しているデータを整理する、というお掃除です。いわばダイエットです。
容量を減らすために、こんなアプリを使ってみました。



1)Magicianで重複ファイル探し


「意図せず重複しているデータって実は結構あるんじゃ?」
と思ったので、たまに使う事があるMagicianに登場して貰いました。

Magican –無料のMacシステム最適化ユーティリティ
メンテ総合アプリMagicianアイコン

http://www.magicansoft.com/jp/magican.html

Magicianもフリーのメンテ+αアプリです。ここ最近頑張っていますね。かわいらしくて分かりやすいユーザーインターフェイスが特徴。さらに機能はもりだくさんで、通常メンテ以外にもアプリの削除、Mac App Storeでのアプリの更新チェックまでしてくれちゃいます。(ちょっと盛り込み過ぎ?w)

このMagicianの機能の「クリーナー」の中に「重複ファイルのチェック」があるので、これを利用します。
Magicianで重複ファイルをチェックすると16GBものダブりが。

調べて貰うと16GB分、同じファイルがダブっているようです。
重複分を一気に消すことも出来るみたいですが…それは怖すぎるので自分で内容をチェックして対処します。

詳細を覗くと…
ダブっているファイルの多くが、バックアップやDropbox内にわざとダブらせてあるデータだったりしますが、中には明らかに要らない重複ファイルがありました。
Magicianで重複ファイルの中身をチェックする。


これを手作業でちまちま消していきました。
たくさんあって見てられない…という場合は、詳細で重複ファイルをデータサイズ順に並び替えるといいです。(大きいモノだけ見ていく。)
また、一つ余計な重複ファイルを見つけると、それ単独で重複という事は少なく、イモヅル式に余分なデータが見つかりました。

その結果、なんと2GB以上のダイエットに成功!
…なんだ…たったの2GBか…とお思いの皆さん!
まぁ、私もそう思いましたけど(^∀^;) 460GBのうちの2GBですしね。
しかし『2GBを笑うものは2GBに泣く』、昔の偉いお坊さんが言ったとか言わないとか(`・ω・´)ノいや、言ってないし…
少量のデータ領域を制す者がダイエット成功者になれるのです。夏前に痩せなきゃ!という乙女心です。なんか話がすり替わっている…



2)DiskWaveで大容量フォルダ、ファイルの見直し


DiskWave - The wave that will cleanse your hard drive!
ディスク内の容量を表示してくれるアプリ、DiskWaveアイコン


DiskWaveはディスク内のファイルの容量を簡単に見せてくれるアプリです。こちらもフリー(ドネーション)ウェアです。

これを使って容量という観点から自分のファイルをチェックしてみます。
ディレクトリー構造で、ファイル名順、容量順を選べます。

DiskWaveのウィンドウ。データのサイズごとに色分けしてくれてるので分かりやすい
見づらくてすみません。個人情報満載なので…(´Д`;)`、
容量の大きなフォルダー、ファイルは赤く(more 1GB)。MB級は紫、それ以下は緑と色分けされているので、何(関連)のファイルのデータが領域を多く占めてるのか分かりやすい。

これを見ながら「これから先も要るデータか? 思い切って捨てていいデータか?」、またデータを外部に持ち出した、テストで作った単なる「捨て忘れデータ」がないかをチェックします。(このアプリからゴミ箱に入れることもできます。)


部屋の整理でモノを捨てるように、本当に要らないものは思い切って削除。または外部ディスクに取り出すなんてことをして10GBくらい減りました。




3)おまけ:ディスク内のバックアップを消去


そもそも、要らないモノをそんなにため込むタイプではないのか…、はたまた、音楽動画なんかの大きなデータが少ないせいか…、データのお掃除&ダイエットの効果が思いのほか上がりません。

そもそも、なぜにデータが460GBもあるのかしらん…?(-""-;)

私がOSやHDDを入れ替える時、大抵の場合クリーンインストールをするのですが、移行アシスタントなんかは使わず、手作業でちまちまデータをコピーします。
そうすると自分が持っているデータ(お引っ越しアイテム)の容量がだいたい分かります。
数ヶ月前のクリーンインストール時にお引っ越しさせたデータ量は380GB程度だったハズ。それ以降に作ったデータ、貰ったデータ、設定ファイルなんかが80GBにもなるとは考えづらい…。


答えはLionのTime Machineバックアップ機能にあり。
Lionから機能ですが、Time Machineで指定したディスクが接続されていない時でも内蔵ディスク(ローカル)にバックアップをとってくれます。ローカルスナップショットというもので、Time Machineに入ると、右サイドにある白いバーがそれです。(赤紫のバーが指定したディスク内のバックアップ。)

ディスクの内容。Lionからの機能、ローカルのバックアップが50GB使っていた。
メニューバー左のマーク > このMacについて > 詳しい情報… > ストレージ
で、見ることが出来ます。


なるほどなるほど、私の場合はバックアップに50GBほど使っているんですね。全然意識してませんでした。

SSDへお引っ越しに、ローカルスナップショットは要らないかな…。
(今回はディスクコピーでHDDからSSDへデータを移動させようと思っていたため。)

そもそもバックアップを定期的に複数、他のディスクにとっていれば、ローカルのバックアップは要らないという考え方もありますね。

ローカルスナップショットの消し方は簡単。
環境設定からTime Machineを切ります。
すると、今まで50GB使っていたバックアップがごそんと消えました。さようなら~です。

システム環境設定でTime Machineを切ると、ローカルでバックアップを取らなくなる。
Time Machineを切ると、ローカルのバックアップが消える。
全体のデータ量がちょびっと減っているのはスクリーンショットを撮ったタイミングが同じでないため。

ふぅ~。ヤレヤレ。


 * * *

最後は本質的ダイエットとは違う気がしなくもない(笑)
こんなカンジでお引っ越し用にデータの整理が完了しました。(完了したのは随分前のことですがw)

レレレのユコびん(^◇^;)
お掃除エントリということなので、取りあえずコレは描かないといけないと思いましたφ(`д´)

新しいHDD、SSDにデータを入れ替えるなんて事がなくても、普段から整理整頓しておくといいですよね。
今回4年前の重複データを発掘しました…。あの時はWindowsも使っていたから、データをあっちとこっちに置いておいた、ような気もしなくもない。すっかり忘れてました。(^◇^;)





しかし、なんにしてもバックアップはちゃんと取りましょうです(`・ω・´)ノ
バックアップがあってこそ安心して作業が出来るというものです。
(私は、データを入れ替える時はバックアップを二重にとってます。何があるか分からないですからね…。そう思うとやっぱりクラウドなんかにも仕事の過去データ置いておきたいなぁ…。)






このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ 絵日記 タグ MacBookPro タグ App タグ SSD タグ HDD

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」換装 ~MacBook Pro(Early 2011)にお手軽プチSSD+HDD環境を!』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

03月

24


SSD!(( ゚ロ゚)ノ
SSD!(( ゚ロ゚)ノ

SSD信仰ブロガーユコびんです(笑)
皆様のマシンのご機嫌は如何ですか?

巷では…

主婦A『あ~ら、奥様、SSDって速いんでしょ?』
主婦B『最近はもう安定して使えるってウワサじゃない。』
主婦C『でも、なかなかお安くならないのよねぇ~』

そんな会話がなされているとかいないとか(笑)

私のSSDの憧れは、DDから"SSD幻想"と揶揄されております。
「SSDが速いっていってもOSとかアプリの起動が速くなるくらいですよ、他はそんなにかわらないし(´・ω・`)」(もちろんDDの自作マシンは起動ディスクにSSD)


MacBook ProにSSDを載せたいと思いつてから早2年半。え、もう2年半以上前? さっさと載せればいいのに、と自分でも思った。

SSDの価格は以前に比べ下がったとは言っても大容量はまだまだ高額です。512GBがやっと5万強というカンジ。
5万か…(-""-;)

以前、Twitterで「SSD使いたいとか言う人が、お金の事なんていってちゃダメ」なんて言われたりもしましたがヽ(`Д´)ノ、高いものは高い。そんなにぽんぽんお金かけられません。

容量が少ないSSDなら1万ちょっとで手に入るので、MacBook Proの場合、光学ディスクドライブを抜いて、"従来のHDDに容量の少ないSSDを足してデュアルドライブ!"なんてことも出来るんですけどね。
改造としてはとっても面白いと思うしやってみたい気持ちはあるんですが…。オールインワンのMacBook Proの形をあまり崩したくない、そしてMacBook Proのトラブルが頻発しAppleCareのお世話になりまくった過去(現在?w)を持つ私は、あまり構造をいじりたくないというのもあります。

なので、今回は安価にSSDもどき体験が出来るハイブリッドHDDなるものを試してみることにしました。

Seagate Momentus XT(ST750LX003)イメージ



ハイブリッドHDDとは
ランダムアクセスは遅いけど大容量で安いHDDと、ランダムアクセス速い、でもまだお高いSSDの美味しいとこ取りをしよう!ということで2つを組み合わせた製品です。
これから先SSDが安くなったら確実に消え去るであろう過渡期製品。そもそも自作とか大型のPCならハードディスクが何個でもさせるから、わざわざ一つのHDDでまかなわなくていいし。誰が使うの?そりゃ、「ドライブ1つでどうにかしたい人→ノートパソコンの人達」かな? というなんとも中途半端な存在かも…(・∀・;)



あにはからんや?
否!
今、是を試さんで、いつ試すのか ヽ(`Д´)ノ
いざ行かむ!


現在、512GBのSSDは激安でも51,000円、このハイブリッドHDDは750GBで16,000円前後…
お財布をじっと見つめる私…。
大容量のSSDを買うお金は今度私がMacBook Proを購入するときのために貯金しておきたいと思います(・∀・)


なんという長い前置きw


ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」をMacBook Proに


ハイブリッドHDDですが、こんなものを出しているメーカーさんはSeagateさんだけなので、現状ほぼ一択です(笑)

Momentus® XTソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブ - Seagate

今回選んだのは
Momentus XT 6Gb/秒 750GB ハードディスク・ドライブ (ST750LX003)

Seagate Momentus XT(ST750LX003)のパッケージ。メーカーの5年保証
シーゲイトのメーカー5年保証。買ってからじゃなくて、製造されてから5年というのがポイントw



以前のHDDはその成り立ちからWindows vistaでないと力を発揮してくれなかったようですが、昨年リリースされたこの新モデルはOSな何でも大丈夫!(( ゚ロ゚)ノ(って、それが当たり前じゃない世界だったことに驚きww)


詳しい事は、こちらを参照!すごくわかりやすいです。
750GB HDD+SSDのハイブリッド「Seagate Momentus XT」の実力を試す - PC Watch



今回、このハイブリッドHDD Momentus XT(ST750LX003)を載せるのはコチラのマシン!
私の現相棒、MacBook Pro 17"(Early 2011)です。

MacBook Pro 17



既に手術台(居間のローテーブル)の上に乗せられてひっくり返っております。
そもそものHDDが、750GB 5,400rpm。Momentus XT(ST750LX003)は750GB 7,200rpmなので、単純にそれだけでも速くなるわけで~(笑)

MacBook Pro 17



実はMacBook ProになってからHDDを換装するのは初めてです。

MacBook Pro 17



上部の留め具のねじをはずして、純正のHDD(東芝)をそっと取り出し、コネクタを抜きます。
純正のHDDのサイドについている、ボルトねじ(?)を外して新しいHDDに付け替えます。
これはトルクスドライバーが必要ですね。(ラジオペンチでもいけるという人もあるけれど絶対傷つくと思う。素直にトルクスを使う方がいいかなぁ。)

MacBook ProのHDDのサイドのボルトねじはトルクスドライバーで。



アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmと、ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpm



後は、ハイブリッドHDDをコネクタに挿して、逆の手順で元通りにすればOK。
簡単簡単。(。´▽`)



構成が変わったので以下もやっておくこと。

Mac の PRAM および NVRAM をリセットする
SMC (システム管理コントローラ) のリセット




ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」検証


さて、ハイブリッドなHDD、Momentus XT(ST750LX003)のその実力はいかに?ですよね。

ベンチマークテストで以前のものと比べても普通に「5,400rpm vs 7,200rpm」の結果っぽいのしか出てきません。(´・ω・`)
そりゃそうですね~。

Xbenchで測定
上:アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmの結果
下:ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpmの結果
アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmのベンチマーク
ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpmのベンチマーク



なので起動時間テストや、体感くらいしかお伝えする手段がないわけです~。

よそのサイト様では
・HDD
・ハイブリッドHDD←コレね
・SSD
の3つを比べていたりするんですが、比べるためのSSDがありません~(;∀;)ノ
ホントすみません。(おまけでMacBook Airのあげておきます~)
さらに私の環境下のお話なので、参考程度に考えて下さいね。


《条件など》
マシン:MacBook Pro "17 (Early 2011 Core i7)
OS X v10.7 Lion
自動ログイン状態
・Apple純正HDD 750GB 5,400rpm 
・ハイブリッドHDD ST750LX003 
クリーンインストールなどはせず、全くのコピーです。
起動を5回行って平均タイムを出してみました。
(※ハイブリッドHDD ST750LX003の特性を活かすために事前に3回起動をした後計測)


計るのはDockが出るまでと、ログインすると自動で立ち上がるアプリが立ち上がりきるまで。(つまり作業が出来るようになるまでのタイム)
おまけで起動時のリンゴマークの下のインジケータのくるくるの回数も。
ちなみにディスプレイの設定(キャリブレーション)を変えてあるので、何も設定してないときより立ち上がりは時間がかかる状態。

[ログイン時に立ち上がるアプリ一覧]
Grow
gfxCardStatus
SimpleCap
ATOK
ATOK Sync
iTunesHelper
Dropbox


くるくるの回数(約)デスクトップのDockが出てくるまで常駐アプリが立ち上がりきるまで
Apple純正HDD
750GB 5,400rpm 
38回58秒105秒
ハイブリッドHDD
 ST750LX003 
6.5回22秒26秒


うお~速っ!Σ(゚Д゚;)
ハイブリッドのくせになかなかやるではないですか!
私の予想以上です。

さらにアプリでは、IllustratorやPhotoshop、Apertureなどの起動に時間のかかるものも、1/3くらいに時間短縮。
軽いアプリなら即ウィンドウが出てきます。
すばらしぃ~
そして
気持ちいい~

これなら、こまめにアプリを落としたり立ち上げたり、苦になりませんね。( ´ ▽ ` )ノ


SSDとも比べているサイトさんなんかを見ると、このハイブリッドHDD(ST750LX003)も普通のHDDよりはちょっと速いけれど、SSDに比べるとやっぱりイマイチ、なんて話だったんですけどね。
「SSDでさらにこの1/3の速さとか無理じゃない?ってか、もうそこまで速くなくても十分だし」と思うくらい(私の環境では)時間短縮されています。
これ以上贅沢を言ったらイカンですたい。(-""-;)

参考までにMacBook Air(Mid 2011)の起動のタイムです。
構成も環境も違うのでそのまま比べることは出来ません、あしからず。

くるくるの回数デスクトップのDockが出てくるまで常駐アプリが立ち上がりきるまで
MacBook Air(Mid 2011)0.4回17秒21秒

さすがの速さでPhotoshopやApertureもサクッと立ち上がります。



他に皆が気になるところといったら、音や振動、熱でしょうか…
音は…今までよりうるさいと言う事は全くありません。(ってか重い作業してる時のファンの方がよっぽどw
振動も特に感じませんし、特別熱くなるということもなさそうです。

後は安定性ですが…、こればかりは使ってみないとわかりませんね。
ネット上には特別トラブルはあがってないみたいですが、ねこ先生になんかは心配してました(笑)
DDは「大丈夫でしょ~使ってみたらいいですよ」だって。

なんにしてもバックアップはとっておかないといけませんね!


 * * *

今普通に750GB 7,200rpmのHDDを購入しようとするとWESTERN DIGITALあたりで8,000円弱ですね。
SSDよりは劣る なんちゃってSSD ハイブリッドHDDですが、16,000円弱でこれだけの効果があれば私としては満足です。

ちょっと快適がとっても気持ちいいです。
(o^―^o)


メモリも昨年末16GBにしたし!(*)  今回ソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブにしてプチSSD+HDDになったし。
MacBook Pro 17インチ(Early 2011)はかなりパワーアップした感があります。
アプリによっては立ち上がりだけでなく、動作のもたつきも少し減ったようです(プラセボじゃないですよ)。
次にMacBook Proを買うときまでこの構成で十分じゃないですか?w

(*)参照:【メモリMAX!】MacBook Proのメモリを16GB(8GB × 2枚)に増設 ~新春Macパワーアップ大作戦w



上にも書きましたが、こんなハイブリッド今だけの過渡期製品だと思います。ちょっと面白いですよね。
これからは(ノートは特に)SSDになっていくんでしょうからね。
今だけです、こんなものが使えるのも。

ネット上のレビューを見ると、「普通のHDDとそんなに違わない、HDDよりかSSDよりかと言えばHDD」と言う話も多かったのですが、私の環境ではSSDよりという感想ですね。使っているソフトによるところも大きいかもしれません。良い買い物しました。
(どうしようかなと思っている時にTwitterでkazusanjpさんが買われているのを見かけて、良いよという話だったので決めましたw)


私のようにSSDにお金をぽんと出せないノートブック使いさんたちの参考になれば幸いです。
(*´ー`*)








クレバリー
Seagate/シーゲイト ST750LX003 【750GB/SATA/HDD】 15,970円




このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookPro タグ Apple タグ HDD タグ SSD


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。