もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Wacom デジタルスケッチペン「Inkling(インクリング)MDP-123」の簡単レビュー』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

11月

26


今日はInklingのレポートエントリをあげる気まんまんだったのですが、
風邪気味なので延期です~~(^□^;)


Wacom デジタルスケッチペン「Inkling(インクリング)MDP-123」でイラストを描いてみた
左:Inkling(インクリング)でデジタルデータ化されたもの
右:元絵(1マス 5mm)

でもこれだけだとさすがにエントリとしてどうなの?
ってことで、超簡単にInklingの長所と短所をかきかき(*´∇`*)←ほっぺが赤いのは熱w


Inklingの良いところ


紙にボールペンで書いたモノをセンサーで読み取る。
この発想をちゃんと製品化したのは素晴らしいです。
そのコンセプトそのものが評価に値すると思います。

紙に書いたモノがデジタルデーター化。
しかもベクターにもなります。



Inklingの残念なところ


残念なところは1点のみ。
そしてその1点が大きな課題だと思います。

それは読み取り精度。
スペック表では中央部で±2.5mm周辺部±5.0mmの誤差です。
さすがに5mmものずれはそうそうおきないのですが、1mmのずれがランダム方向に起きると…
描いたものによっては絵として成立しないものも出てきます。

この読み取り精度の誤差が1/10になれば、誰にでも胸を張ってお勧め出来るものになりますね。



Inklingの活用方法


現在のInklingの性能ではどうしても精密なものを描くのには向いていません。
(ということはワコムの製品紹介にも記してあります)

向いているものはラフスケッチ。
誤差があることを前提で大きめにスケッチするのがコツでです( ´∀`)ノ

メリットは簡単にデジタルデータに出来る事。
コンピュータに取り込んで、加工できます。
(ベクターにもなるのがスゴイ)

私は、イラストの下書きや、スケッチ(落書きw)をため込むのに利用したいと思います(*´ー`*)



 * * *


Inklingの活用法ですが、スケッチやイラストを描くことばかり考えがちです。
ところが、他にも使えそうなんです。

この間、教育関係の人にこのアイテムを説明したところ、「図説を簡単にデータ化出来る」ということでものすごい勢いで食いついていました。
ペンタブは普通の人には敷居が高いですが、Inklingなら大型のボールペンです。誰でも使えます。
そして、そこまで厳密な線が要求されないものなら、今のInklingの精度でも可なワケです。
なるほどです~。(∩゜д゜)))




いまのところInklingはワコムストアでしか買えないみたいです。


Wacom Store Inkling
2011年10月24日発売
税込 17,980円(ワコムストア価格)

ワコムストアでInkling発売開始





簡単に、とか言っておきながら結論でちゃってますけど(笑)
もうちょっと詳しいレポートはまたエントリにします。
今日はこのへんで( ´ ▽ ` )ノ


現在検討中の方は上の絵の誤差を参考に~~!



スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ 絵日記 タグ Inkling タグ

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Wacom デジタルスケッチペン「Inkling(インクリング)MDP-123」ワコムストアで販売開始! 早速ポチりました(^◇^)』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

10月

24


9月下旬発売予定だった、ワコムのデジタルスケッチペン「Inkling(インクリング)」。
タブレットじゃないお絵描き(文字書き?)ツールとして話題になり、私も「絶対買う!(`・ω・´)ノ」と息巻いていたのですが、発売予定が年内と延期になりガッカリしていました。

が、突然(先週木曜、20日)「Inkling、10月24日発売決定」のお知らせがあったんですよ。
年内というアナウンスが、こんなに早くなるとは思わずビックリ。

ワコムのInkling



紙にボールペンで書いた筆致やストロークをセンサーで拾って記録します。筆圧感知もあって、レイヤー分けも出来るなんて、面白いですよね。
レビューを見るとこれ一つでモノを作るのは難しいのかもしれませんが、上手く使い分けが出来ればいいなぁと思って期待しています。


本日からWacom Storeで販売されてます。
2011年10月24日発売
Inkling
税込 17,980円(ワコムストア価格)

ワコムストアでInkling発売開始

11時頃から発売開始ということなので、待ち構えていて、サクッとポチりました(*´∇`*)







購入を検討されている方へ
Inklingの製品情報
それから、Mac Fan 2011年11月号にチラと野間センセのレポート記事が有ります。

MacFan11月号に記事を書きました - Miyuki's Diary
Mac Fanさん、もう少しページ数増やしてくれてもいいのに…。
お絵描き道具は使う人が限られてしまうからなんでしょうけど。うーん(-""-;)

他に参考になるのがこのあたり。
レイヤー化や筆圧検知機能を備えるワコムのデジタルペン「Inkling」





書いたモノをスキャンするでもなく、直接入力するタブレットでもなく、筆致をセンサーで拾ってデジタルデーター化、しかもラスターでもベクターでもOKです。
楽しいお絵描きツールじゃないですか!(*´∇`*)
しかも17,980円。安いと思います。

ユーザがそれぞれ模索して使わないといけない発展途上アイテムっぽいんですが、自分なりのいい活用法を探すのも楽し!ってことで。
実物をいじっていないのでまだわからないんですが、今のところはアイディアスケッチとか落書きがデジタルデータでためられたらいいなぁと思っています。

届いたらまたレポートエントリあげますね!

かなり期待していますw
早く届かないかなぁ~~~~(*´ー`*)








現在はワコムストアでしか買えないようです。品薄も予想されるので(勝手な予想w)欲しい人は早めに動いた方がいいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Inkling タグ Wacom タグ Macアクセサリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。