もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『「SSD!SSD!」(( ゚ロ゚)ノ 大容量SSDが安くなったので、MacBook ProをSSDにしたい +絵日記』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

07月

05


今日は暑かったですね。
「風邪が治りきってない+なんか頭痛」というハイブリッドなユコびんです、こんにちは。

いやぁ、最近はどこもかしかもMacブログはRetinaの話題ばかりですね~。
というか、自分が気になっているからRetina MacBook Proのエントリが目に入るだけ。そんなことは分かっています。(੭ु๑⁼̴̀ᐜ⁼̴́)੭ु⁾⁾
あぁ、そうさ。
Retina MacBook Proが欲しいさ!(ノ ゚ロ゚)ノ




でも17インチのひろいディスプレイを捨てることは出来ないのさ。
Retinaは魅力的だけどね。
Adobeのアプリが対応したら本気で悩むことにします(笑)←たぶん


若干見上げユコびん。Retina MacBook Proが欲しいけど、取りあえずSSDが欲しい。



さて、そんなRetinaのMacへの欲求をすり替えるかの如く、今、メインマシンのMacBook Pro 17"をSSDにしたい病にかかっています。モーレツにです。

だってこの1ヶ月でSSDがモーレツに値下がりしてんるんですよ。そう、モーレツにです。
2.5インチの512GB / Crucial m4 CT512M4SSD2が34,000円くらいで買えちゃうんですよ。(゜Д゜)
何年もウォッチングしてきて、でも全然値下がらなくて、すっかり飽きて忘れていたところ…今年の6月になって急に下がりました。

SSDの価格は2011年初頭に比べて平均46%下落し今後も順調に下がる傾向 - gigazine


私が、SSD幻想(※DD命名)にとりつかれてから早3年。「だったら早くSSDにすればいいじゃん」と自分でも思うのですが、MacBook Pro 2010を購入する際にApple Storeのスタッフさんに止められてからどうもタイミングを逃した感があり。(※現在はEarly 2011のMacBook Proを使用。)
「SSDに対する不安も減ってきたし、あとは価格が下がればね。」
ということで、大容量のSSDの価格が下がるのを待ち続けて2年以上経っちまったんでさぁ。ダンナ。


MacBook Proの場合、光学ドライブをはずしてSSD+HDD運用している人もたくさんいます。これならばお求めやすい小さい容量SSDにOSやアプリを入れて…と、お安く快適環境が手に入ります。(SSD+HDDは自作の人なんかは普通にやっていますよね。)
改造としては面白いし、一回やってみたいと思うんですけどね。(単に工作的に。)
ただ、やってみたいだけで、私の性格(性質)上、大容量SSDをサクッとお取り替えコース希望です。



で、SSDの512GBは5万以上するし、値段が微妙にしか下がらないのを見続けていたし、今年の春にはハイブリッドHDDなんかにも手を出してみたわけですが、SSDの512GBが3万5千円切り始めてるとなったらば、SSDにしたい…。



とりあえず、今、MacBook ProのHDDをSSDに入れ替える時間がないので、タイミングを見計らってSSDにしようと思うのです。その頃には3万くらいになっているといいなぁ(・∀・)
(厳密に言うと時間がないのではなく、やりかけの作業が一段落しないと、Macの構成を変えるのは危ないから。あの作業を早く終わらせないとなぁ。でも次のアレも早く手をつけたい…(-""-;) そんなこと言ってるから、なかなか出来ないんだけどね。)

にゅふふ。
楽しくなってきましたよ(*´∇`*)





64GBなんて6千円ちょっとだしっ。(੭ु⁼̴̀ᐜ⁼̴́)੭ु⁾⁾


ADATAのASX900S3-512GM-Cと、ずっと価格を見てみたCrucial m4 CT512M4SSD2が気になっているけど…うむむ。





が、解決したとはいえ、MacBook Pro 17"のEarly 2011、SSD問題を思って若干不安もある。やっぱり時間があるときに作業するべきだな。



このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ 絵日記 タグ MacBookPro タグ SSD タグ 由無し事

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」換装 ~MacBook Pro(Early 2011)にお手軽プチSSD+HDD環境を!』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

03月

24


SSD!(( ゚ロ゚)ノ
SSD!(( ゚ロ゚)ノ

SSD信仰ブロガーユコびんです(笑)
皆様のマシンのご機嫌は如何ですか?

巷では…

主婦A『あ~ら、奥様、SSDって速いんでしょ?』
主婦B『最近はもう安定して使えるってウワサじゃない。』
主婦C『でも、なかなかお安くならないのよねぇ~』

そんな会話がなされているとかいないとか(笑)

私のSSDの憧れは、DDから"SSD幻想"と揶揄されております。
「SSDが速いっていってもOSとかアプリの起動が速くなるくらいですよ、他はそんなにかわらないし(´・ω・`)」(もちろんDDの自作マシンは起動ディスクにSSD)


MacBook ProにSSDを載せたいと思いつてから早2年半。え、もう2年半以上前? さっさと載せればいいのに、と自分でも思った。

SSDの価格は以前に比べ下がったとは言っても大容量はまだまだ高額です。512GBがやっと5万強というカンジ。
5万か…(-""-;)

以前、Twitterで「SSD使いたいとか言う人が、お金の事なんていってちゃダメ」なんて言われたりもしましたがヽ(`Д´)ノ、高いものは高い。そんなにぽんぽんお金かけられません。

容量が少ないSSDなら1万ちょっとで手に入るので、MacBook Proの場合、光学ディスクドライブを抜いて、"従来のHDDに容量の少ないSSDを足してデュアルドライブ!"なんてことも出来るんですけどね。
改造としてはとっても面白いと思うしやってみたい気持ちはあるんですが…。オールインワンのMacBook Proの形をあまり崩したくない、そしてMacBook Proのトラブルが頻発しAppleCareのお世話になりまくった過去(現在?w)を持つ私は、あまり構造をいじりたくないというのもあります。

なので、今回は安価にSSDもどき体験が出来るハイブリッドHDDなるものを試してみることにしました。

Seagate Momentus XT(ST750LX003)イメージ



ハイブリッドHDDとは
ランダムアクセスは遅いけど大容量で安いHDDと、ランダムアクセス速い、でもまだお高いSSDの美味しいとこ取りをしよう!ということで2つを組み合わせた製品です。
これから先SSDが安くなったら確実に消え去るであろう過渡期製品。そもそも自作とか大型のPCならハードディスクが何個でもさせるから、わざわざ一つのHDDでまかなわなくていいし。誰が使うの?そりゃ、「ドライブ1つでどうにかしたい人→ノートパソコンの人達」かな? というなんとも中途半端な存在かも…(・∀・;)



あにはからんや?
否!
今、是を試さんで、いつ試すのか ヽ(`Д´)ノ
いざ行かむ!


現在、512GBのSSDは激安でも51,000円、このハイブリッドHDDは750GBで16,000円前後…
お財布をじっと見つめる私…。
大容量のSSDを買うお金は今度私がMacBook Proを購入するときのために貯金しておきたいと思います(・∀・)


なんという長い前置きw


ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」をMacBook Proに


ハイブリッドHDDですが、こんなものを出しているメーカーさんはSeagateさんだけなので、現状ほぼ一択です(笑)

Momentus® XTソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブ - Seagate

今回選んだのは
Momentus XT 6Gb/秒 750GB ハードディスク・ドライブ (ST750LX003)

Seagate Momentus XT(ST750LX003)のパッケージ。メーカーの5年保証
シーゲイトのメーカー5年保証。買ってからじゃなくて、製造されてから5年というのがポイントw



以前のHDDはその成り立ちからWindows vistaでないと力を発揮してくれなかったようですが、昨年リリースされたこの新モデルはOSな何でも大丈夫!(( ゚ロ゚)ノ(って、それが当たり前じゃない世界だったことに驚きww)


詳しい事は、こちらを参照!すごくわかりやすいです。
750GB HDD+SSDのハイブリッド「Seagate Momentus XT」の実力を試す - PC Watch



今回、このハイブリッドHDD Momentus XT(ST750LX003)を載せるのはコチラのマシン!
私の現相棒、MacBook Pro 17"(Early 2011)です。

MacBook Pro 17



既に手術台(居間のローテーブル)の上に乗せられてひっくり返っております。
そもそものHDDが、750GB 5,400rpm。Momentus XT(ST750LX003)は750GB 7,200rpmなので、単純にそれだけでも速くなるわけで~(笑)

MacBook Pro 17



実はMacBook ProになってからHDDを換装するのは初めてです。

MacBook Pro 17



上部の留め具のねじをはずして、純正のHDD(東芝)をそっと取り出し、コネクタを抜きます。
純正のHDDのサイドについている、ボルトねじ(?)を外して新しいHDDに付け替えます。
これはトルクスドライバーが必要ですね。(ラジオペンチでもいけるという人もあるけれど絶対傷つくと思う。素直にトルクスを使う方がいいかなぁ。)

MacBook ProのHDDのサイドのボルトねじはトルクスドライバーで。



アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmと、ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpm



後は、ハイブリッドHDDをコネクタに挿して、逆の手順で元通りにすればOK。
簡単簡単。(。´▽`)



構成が変わったので以下もやっておくこと。

Mac の PRAM および NVRAM をリセットする
SMC (システム管理コントローラ) のリセット




ハイブリッドHDD「Seagate Momentus XT(ST750LX003)」検証


さて、ハイブリッドなHDD、Momentus XT(ST750LX003)のその実力はいかに?ですよね。

ベンチマークテストで以前のものと比べても普通に「5,400rpm vs 7,200rpm」の結果っぽいのしか出てきません。(´・ω・`)
そりゃそうですね~。

Xbenchで測定
上:アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmの結果
下:ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpmの結果
アップル純正のHDD(TOSHIBA MK7559GSXF)750GB 5,400rpmのベンチマーク
ハイブリッドHDD (Seagate ST750LX003)750GB 7,200rpmのベンチマーク



なので起動時間テストや、体感くらいしかお伝えする手段がないわけです~。

よそのサイト様では
・HDD
・ハイブリッドHDD←コレね
・SSD
の3つを比べていたりするんですが、比べるためのSSDがありません~(;∀;)ノ
ホントすみません。(おまけでMacBook Airのあげておきます~)
さらに私の環境下のお話なので、参考程度に考えて下さいね。


《条件など》
マシン:MacBook Pro "17 (Early 2011 Core i7)
OS X v10.7 Lion
自動ログイン状態
・Apple純正HDD 750GB 5,400rpm 
・ハイブリッドHDD ST750LX003 
クリーンインストールなどはせず、全くのコピーです。
起動を5回行って平均タイムを出してみました。
(※ハイブリッドHDD ST750LX003の特性を活かすために事前に3回起動をした後計測)


計るのはDockが出るまでと、ログインすると自動で立ち上がるアプリが立ち上がりきるまで。(つまり作業が出来るようになるまでのタイム)
おまけで起動時のリンゴマークの下のインジケータのくるくるの回数も。
ちなみにディスプレイの設定(キャリブレーション)を変えてあるので、何も設定してないときより立ち上がりは時間がかかる状態。

[ログイン時に立ち上がるアプリ一覧]
Grow
gfxCardStatus
SimpleCap
ATOK
ATOK Sync
iTunesHelper
Dropbox


くるくるの回数(約)デスクトップのDockが出てくるまで常駐アプリが立ち上がりきるまで
Apple純正HDD
750GB 5,400rpm 
38回58秒105秒
ハイブリッドHDD
 ST750LX003 
6.5回22秒26秒


うお~速っ!Σ(゚Д゚;)
ハイブリッドのくせになかなかやるではないですか!
私の予想以上です。

さらにアプリでは、IllustratorやPhotoshop、Apertureなどの起動に時間のかかるものも、1/3くらいに時間短縮。
軽いアプリなら即ウィンドウが出てきます。
すばらしぃ~
そして
気持ちいい~

これなら、こまめにアプリを落としたり立ち上げたり、苦になりませんね。( ´ ▽ ` )ノ


SSDとも比べているサイトさんなんかを見ると、このハイブリッドHDD(ST750LX003)も普通のHDDよりはちょっと速いけれど、SSDに比べるとやっぱりイマイチ、なんて話だったんですけどね。
「SSDでさらにこの1/3の速さとか無理じゃない?ってか、もうそこまで速くなくても十分だし」と思うくらい(私の環境では)時間短縮されています。
これ以上贅沢を言ったらイカンですたい。(-""-;)

参考までにMacBook Air(Mid 2011)の起動のタイムです。
構成も環境も違うのでそのまま比べることは出来ません、あしからず。

くるくるの回数デスクトップのDockが出てくるまで常駐アプリが立ち上がりきるまで
MacBook Air(Mid 2011)0.4回17秒21秒

さすがの速さでPhotoshopやApertureもサクッと立ち上がります。



他に皆が気になるところといったら、音や振動、熱でしょうか…
音は…今までよりうるさいと言う事は全くありません。(ってか重い作業してる時のファンの方がよっぽどw
振動も特に感じませんし、特別熱くなるということもなさそうです。

後は安定性ですが…、こればかりは使ってみないとわかりませんね。
ネット上には特別トラブルはあがってないみたいですが、ねこ先生になんかは心配してました(笑)
DDは「大丈夫でしょ~使ってみたらいいですよ」だって。

なんにしてもバックアップはとっておかないといけませんね!


 * * *

今普通に750GB 7,200rpmのHDDを購入しようとするとWESTERN DIGITALあたりで8,000円弱ですね。
SSDよりは劣る なんちゃってSSD ハイブリッドHDDですが、16,000円弱でこれだけの効果があれば私としては満足です。

ちょっと快適がとっても気持ちいいです。
(o^―^o)


メモリも昨年末16GBにしたし!(*)  今回ソリッド・ステート・ハイブリッド・ドライブにしてプチSSD+HDDになったし。
MacBook Pro 17インチ(Early 2011)はかなりパワーアップした感があります。
アプリによっては立ち上がりだけでなく、動作のもたつきも少し減ったようです(プラセボじゃないですよ)。
次にMacBook Proを買うときまでこの構成で十分じゃないですか?w

(*)参照:【メモリMAX!】MacBook Proのメモリを16GB(8GB × 2枚)に増設 ~新春Macパワーアップ大作戦w



上にも書きましたが、こんなハイブリッド今だけの過渡期製品だと思います。ちょっと面白いですよね。
これからは(ノートは特に)SSDになっていくんでしょうからね。
今だけです、こんなものが使えるのも。

ネット上のレビューを見ると、「普通のHDDとそんなに違わない、HDDよりかSSDよりかと言えばHDD」と言う話も多かったのですが、私の環境ではSSDよりという感想ですね。使っているソフトによるところも大きいかもしれません。良い買い物しました。
(どうしようかなと思っている時にTwitterでkazusanjpさんが買われているのを見かけて、良いよという話だったので決めましたw)


私のようにSSDにお金をぽんと出せないノートブック使いさんたちの参考になれば幸いです。
(*´ー`*)








クレバリー
Seagate/シーゲイト ST750LX003 【750GB/SATA/HDD】 15,970円




このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookPro タグ Apple タグ HDD タグ SSD

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『MacBook Pro 17インチ (Early 2011)ユーザに朗報! SATA 3.0 (6Gbps) SSD問題解決!』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

10月

11


皆さんはどのMacを使っていますか?

このブログの管理人、ユコびんめは機動性とスペックを兼ね備えるMacBook Proを愛機にしています。
事務所ではiMac、サブマシンとしてMacBook Airと今年に入ってから突然Mac三昧な生活になりましたが、それでもやっぱり私の一番の相棒はMacBook Proです。

MacBook Pro 17




このブログを訪れてくれている人の中にもMacBook Proをお使いの方がたくさんいると思います。
その中にはMacBook Pro 17インチを背負う私に 同情 感心してくれた同じ17インチユーザさんもちょこっといると思います。

そしてさらにそのうち…MacBook Pro 17inchは「Early 2011」モデルだよ!って方がいる筈です、ちょっぴり。

そしてそして「AppleのカスタマイズオーダーのSSDは高いからなぁ。そのうち自分でHDDをSSDにしよう」と思っている方が数人いる筈です!そう、私みたいな方が!



そんなアナタに朗報です!
どんだけニッチやねん…というツッコミは無しの方向で(・∀・;)世界規模でいえば相当数の方がいるはずなんですよ~!




MacBook Pro 17インチ (Early 2011) だけが駄目だったSATA 3.0 (6Gbps) SSD問題が解決しました!

MacBook Pro 17インチ Early 2011のSATA 3問題が解消! -VC社長日記


Vintage Conmputerさんの社長さんのブログです。有益な情報多数です^^
ここ最近忙しく9月半ばからRSSで読んでいるブログを溜めっぱなしにしていたため発見が遅れました。
MacBook Pro EFI Firmware Update 2.2
EFIのアップデートでSATA 3.0 SSDが問題なく使えるように!やた!


 * * *

MacBookPro Early 2011 はSATA3 (6Gbps)になりました。が、それがSATA3のSSDを載せると速度が出ない(遅いとうレベルではもはやない)、認識出来ない、不安定などの問題があったのです。
同じMacBook Proでも13インチ15インチであれば正常に作動することもあるらしいのですが、17インチに限っていえば成功例が無い!(`・ω・´)ノほぼ100%のダメ率という有様。

ある者はケーブルにシールド巻き巻きし磁気干渉を防ぐ等、対策を施し戦い、またある者はおとなしくSATA 2(3Gbps)にひきさがり…と攻防戦がこの数ヶ月繰り広げられてきました!
(と、それを傍観する私 ←自分では何もしない…そんな知識もスキルもないですしね^^;)
光学ディスクドライブの方のSATA3を利用するという技もありましたが、これが通用するのは初期のロットだけという…



しかしこの不具合、AppleはSATA3.0のSSDが積めることをサポートしてませんから、「SATA3 SSDに取り替えたらうまく動かない!直して!」とApple Storeに持っていく事も出来ません。"メモリやHDDに限っては換装してもMac本体はサポートします"ってことですから。基本自己責任部分ですもんね。
なのでそもそも不具合と言っていいのかもわかりません。



MacBook Pro 17インチ Early 2011 ユーザー達がこうやって苦労してきたのに
あっさりAppleのアップデートで解決しちゃた…(;^∀^)ノ

なんだよ~~。そんなことなら早くしてよ(´・ω・`)=3



 * * *

ということで
MacBook Pro 17インチ Early 2011 も(大腕を振って)SATA3 SSDに換装出来る事になったのです!

ここ数ヶ月価格を見てますがSSD自体は相変わらず高いですね(^-^;)


Crucialがいいかなぁと思いつつIntelも使ってみたいかも…
ちなみにMacBook Pro(Early 2011)のAppleのカスタマイズで載ってくるのは東芝のSSDみたいです。
(サプライヤーは複数あることもありますし、切り替わる事もあります。)

容量はどれにしようかなぁ~~
光学ドライブにHDD付け替えはやらない方針なので、ある程度容量が欲しいですけど…。





こちらはインテル、SATA2



Crucial m4 CT256M4SSD2 あたりかなぁ…

80円 / 1GBくらいになってくれたら本当に嬉しいんだけど。
さすがにそんな日はまだまだ来なそう…。^^;)



しかし今回の問題はリリースから半年ちょっとで解決しましたが、こういう煩わしい問題がおこる可能性を考えると、今度MacBook Proを買い替える時はBTOでSSDにしようかなと思ってたりします。
(・∀・)後はお金の問題ねw
ちなみに今BTOで256GB SSDがプラス¥45,780で、512GB SSDがプラス¥100,695也。


このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookPro タグ トラブル タグ SSD