もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Airジャケットセット for iPad 2 クリア[PIS-71] -POWER SUPPORT- レビュー』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

08月

04


iPad 2のホワイトに赤い風呂蓋(スマートカバー)をつけて、賢かわいいミニスカサンタと呼んでいるyucovinです、こんにちは(*´∇`*)


ずっと裸で使ってきたiPad2もお洋服を着せる日が来ました!
背面カバーをどんなものにするかと考えると…
赤い風呂蓋ありきの場合、

・色を揃えて簡単コーディネイト
・赤と白(iPad2の本体の色)と相性の良い色選びを楽しむ
・薄いクリア(透明)のカバーで、Appleの提案したイメージはそのまま

この3パターンが世の中の一般的な解だと思います。



スマートカバー対応iPad2背面カバー、クリアタイプ比較
(Simplism / eggshell / Airジャケット)


私は、赤い風呂蓋と白のiPadの組み合わせが気に入っているので、(先に挙げてあるように"ミニスカサンタ"と呼んで喜んでいるくらい、笑)、今回はイメージをそのまま活かしたクリアの背面カバー(スマートカバー対応)を狙っていました。

ということで、現在出回っているスマートカバー対応iPad2透明背面カバー、主なものはこちらの3つ(`・ω・´)ノ

Simplism Smart BACK Cover for iPad 2/クリスタルクリア
TUNEWEAR eggshell for iPad 2 + Smart Cover/ウルトラクリア
パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2/クリア

重量厚み備考
Simplism ※79g?公式には出ていないが厚みは他のものよりある
eggshell58g0.9mmポリカーボネートでなので柔らかい
Airジャケット60g0.98mmSmart Coverのヒンジ部分ごとカバー

※Simplismはメーカの名前で商品名はスマートバックカバーですが、他のものと区別を付き易くするため、このエントリ内では"Simplism"と呼ぶことにします。

私Simplismとeggshellで悩み、eggshellを購入したところ偽物をつかまされて返品、そうこうしているうちにPOWER SUPPORTからエアージャケットシリーズがリリース。エアージャケットの実物チェックしてSmart Coverのヒンジカバー部も良さそうだったので購入しました。
偽物が送られてこなければ「eggshell、いいじゃん」と言っていたところなんですが(・∀・)。これも何かの縁です(笑)


で、結論から言いますと、
「Airジャケットセット for iPad 2」は良い(o°▽°)oオススメ!!

久しぶりに良い買い物をしました。
Simplismやeggshellと比べると若干高いのですが、アリです!
(現在は価格が下がってきている。)



POWER SUPPORT / Airジャケットセット for iPad 2 [PIS-71]


そもそも、エアージャケットシリーズは以前から評判が良かったので、頭の片隅には情報として引っかかっていました。友人が購入したのを事前にチラッと見せてもらっていたので不安な点はありませんでした。

Airジャケットセット for iPad 2パッケージです。パワサポらしいデザイン箱ですね。^^

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2 パッケージ
今回は騙されずに本物を購入できましたよ(笑)


しっかりしたパッケージを開けて…
内容物は以下です。

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2内容物

・Airジャケットセット for iPad 2 本体
・アンチグレアフィルム 1枚
・超極細繊維クリーナークロス 1枚

液晶保護フィルムはお気に入りのマイクロソリューションのを貼っているので余ってしまいました…。(・ω・)もったいない…。ケースのみで、その分安い方が嬉しいのになぁ。



Airジャケットセット for iPad 2を持ってみます。

「うわ! 薄くて軽くてしっかりしてる! Σ(゚Д゚;)」

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2 薄くて軽い

現物を触ってみてちょっと吃驚しましたョ。
作りがとてもいいのです。精度が高いといいましょうか。
縁のライン取りなどは良く考えられてる印象です。
パワーサポートって日本の企業?そうとしか思えない細やかさです。
期待大!(o°▽°)o


パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2はセルフリペアコート加工が施してあるそうです。
パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2はセルフリペアコート加工

触ったカンジは特に変わった様子はありません。
これは使っていくうちに分かりますかね。半月の利用では特に傷ついておらずぺかぺかです。(私の扱い方が良い?)


iPad2の軽さを活かすためにもケースは軽い方がいいですよね。
ということで、ケースレビューには大事な重さチェックです。

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2は公式では60g、私が計ったところ重さは62g

62g…(・ω・)
公式60gなので誤差の範囲内ですね。そもそもこの量りと場所の問題もあるかも。
(公式の重さと実際の重さが全然違うのが当たり前のspeckさんとは大違いですね^^;)

私の手秤では、素材感と相まってやたらと軽くカンジます。


iPad 2の背面をキレイに拭いて、カバーをスマートカバー側からはめ込んで装着完了です。

感心したのが、スマートカバーのヒンジも一緒にカバーしている点です。
カバーしていること自体の評価は好みもあって賛否両論だと思いますが、私が感心したのは、
「ヒンジまでカバーして、出っ張っているのにダサくない!」

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2、スマートカバーにヒンジ部分のカバー詳細写真1
こんなカンジでスマートカバーのヒンジまで覆われている。

正直、ものを見てみるまでは不安でした。その分出っ張っているシェルケースって…どうなのだろう?(-""-;)
きっと、カッコ悪いに違いない…。
ところが、実物はそんなおかしい事にはなっていません。

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2、スマートカバーにヒンジ部分のカバー詳細写真2
内側を見ると、カバーはヒンジにしっかり引っかかっているのが分かります。


上にも挙げましたが、一番良いと思った点が縁の作りです。ライン取りがなかなかよく考えられています。
スピーカーのあたりの形の抜き方もSimplismやeggshellと比べて一番私の好みに合っています。

パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2は縁の精度がスゴイ!

iPad 2にもピタッとはまって、製品の精度が高い事が分かります。



大満足で、大変オススメなのですが、唯一気になるところ。

埃が付きやすい!

なぜだか静電気が起きるみたいで、やたら埃を集めてくれます。(・∀・;)
私だけでしょうか???

[追記]
Twitterのフォロワーさんに「ホコリ、そんなに付かないですよ^^」と言われました。やっぱり私だけ?(~_~;)



【おまけ】
スマートカバーのヒンジまでカバーしてくれるエアージャケットだから、これをやらないことには始まりません。
パワーサポート Airジャケットセット for iPad 2をつけてスマートカバーだけを持ってプランプランさせてみる(笑)
スマートカバーだけをもってiPad2本体をプランプランさせてみる(^∀^;)
乱暴に扱うとケースから本体が外れて飛んでいくかもしれないので、やるときは自己責任で。





いやぁ、POWER SUPPORTのAirジャケットセット for iPad 2、気に入りました!
素直に「パワーサポート、やるじゃん」です。
購入して良かったですo(´∇`)o

実は私、パワーサポートの製品の印象があまり良くなかったんですよね。
最初に購入したパワサポ製品がイマイチ使えないもので、失敗した感が強く、引きずっていました。(^◇^;)
今回はそれが完璧に払拭されましたね。


「Airジャケット for iPad 2」の薄さ、軽さ、作りの良さが気に入りました(*´∇`*)
あとは静電気が起きづらくて…、セットじゃなくてケース単品で安くしてくれたら完璧です(笑)








こちらは定番と化したSimplism Smart BACK Cover for iPad 2。



TUNEWEAR eggshell for iPad 2 + Smart CoverならフォーカルポイントのダイレクトショップOUTLOUDで。よくたまにお世話になってます。




私が購入して全然使えなかったパワサポ製品を1つ告白します(;´∀`)ノ

厚みの問題か私のマジックマウスの問題か、貼ったら全く反応しなくなりました…。(・∀・;)

でもパワサポのスタイラスはオススメです。



スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ iPad タグ iPadアクセサリー

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『修理に出していたMacBook黒をApple Storeでピックアップ』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

06月

24


昨日のエントリで
「iMac 27インチの上げ下げは止めなさ~い、体悪くするよ~」
という有り難いお言葉をたくさんかけてもらったユコびんです。

皆さんの気持ちがとっても嬉しかったので、次の日も元気にiMacを上げ下げしてきました。

え~、大丈夫ですよ~p(^-^)q
腕ぷるぷるしてますけど(笑)

17インチのMacBook Proを背負って移動する方が300倍くらい大変ですから~o(´∀`)o
27インチiMacの片道スクワットなんて、それにくらべたら全然www


と、比べる対象が全然違う気がしつつも、本日のエントリです。
( ´∀`)ノどぞ




ねこ先生のMacBook黒をApple Storeでピックアップ


昨日、Apple Storeに預けてあったねこ先生のMacBook黒を拾ってきました。
(ねこ先生は忙しいので、代理)
今回はリペアセンターに送られる大規模な修理ではなく、Apple Store内で行える範囲の修理です。

参考:[06/14]機転のきくGenius BarスタッフとAppleのサービス



修理したMacBookをピックアップするだけなので、ジーニアスバーの予約はいらないとのこと。
手が空いた隙をみて、アップルストアに突撃です(`・ω・´)ノ
アップルストア銀座
昨日も暑かったですよね。
ジーニアスバーで用事が済んでも汗だくだくだくだくだくだくでしたw


アップルストア銀座の4F ジーニアスバーは混み混み
ジーニアスバーはいつもにまして混んでいました。どこまでがone to oneのお客さんかはわかりませんが、待っている人がたくさんいるのは一目瞭然でした。
手が空いているスタッフさんを捕まえるのも一苦労^^;)


Genius Barサービス見積書の控えをスタッフさんに渡して、指示を待ちます。
(控えがあれば代理人でも引き取る事が出来ます。)


控えを渡したスタッフさんとは全く違うスタッフさんがねこ先生のMacBook黒を持ってやってきました。
引き渡しのために2人でカウンターに行きますが、本当にこの日のGenius Barはめちゃ混み、みちみちで座れると席が1つだけしかありませんでした。

ねこ先生のMacBook黒をピックアップ
混み混みのカウンターに座り、引き渡し。
Genius Barの修理確認書に書いてあることを説明されて、おしまいです。

トップケースの交換。以上!
(今回は割れ扱いだったので無料でしたが、トップケース交換は9,500円+技術料3,250円で12,759円のようです。ちなみに修理交換扱いのBatteryは税込み9,030円でした。)


それだけでは、ねこ先生に突っ込まれた時困るので、不具合の様子を見てくれたのかを確認。
こどものお使いでは、ねこ先生に満足してもらえないですからね(笑)

「検査プログラムを走らせて異常なし」という結果が出てると説明される。
検査プログラムってカウンターでやるアレじゃないですよね~? ファンは?ファンはどうなったんですか~?等聞く私。しばし説明を受けました。


とはいえ受け付けてくれたスタッフさんでもないし、ましてやアップルストア内でこのマシンをリペアしてくれたわけでもないので、報告として上がっているもの以上の事は聞き出せず。

修理確認書に受取人として、私のサインをして…
任務完了です!(`・ω・´)ゞしゅぴーん

おつかれさまでした~。



 * * *

私のMacBook黒の受け取りが終了すると、隣に座っていたおじさんが私の方をじろじろ見て「(後から来た客"私、ユコびんのこと"がすぐに相手をされているのに)自分はずっと待たされている! いつになったら順番がまわってくるんだ!」とスタッフさんを捕まえてご立腹の様子。思わず説明してあげたくなりました…。私は別枠だったんですよ~って^^;)


エレベーターを待っている間に、4階のフロアでGenius Barの受付をしてるお客さんがいましたが、20分後くらいの時間の案内をされていました。
予約表的には空きが存在するんでしょうけど、スタッフさんもこの込み具合を見てたら普通に予約入れちゃダメなんじゃ…と思いました(^∀^;)


うーん。本当に混んでいましたね。

でも以前は、Genius Barに来てもスタッフに声もかけられず、ただひたすらじーっと待っているしかなかったですからね。何もわからないまま30分以上待たされた時は流石に順番ぬかされているじゃないかと思いましたもん。
後ろのモニタに一応予約の名前が出てるんですけど、あれは不安でしたよね。

今は、Genius Barについた時点で、ちゃんとスタッフに案内されますしね。
何もなくて何十分も待つより、最初に案内があって何十分も待つ方が良いですw
安心感があります。^^;)



 * * *

事務所に戻って来て、ねこ先生に報告です。


しかし…
最近は小さいのはMacBook Airしか見てないし、
MacBook Proは17インチだから相対的に厚みが目立たないけれど…。

じっと見ているとMacBook黒が随分分厚く感じます^^
おかえりなさい、MacBook黒さん
薄型のお弁当箱でしょうか…

がんばって奇麗に拭いてくれたような跡ありますが。
あまり奇麗じゃありません。(笑)


裏面
帰ってきたMacBook黒の裏側 バッテリーがあたらしい
バッテリーだけが奇麗w


開けると…
トップケースが新品になっています。
帰ってきたMacBook黒のトップケースも新品交換
トラックパッドが妙にざりざりして新品であることを主張しています。


交換修理で手に入れたバッテリー(9,030円。普通に購入すると¥15,800。同じ物ですが、かたや修理保証とかたや製品保証ということで、保証の期間が違います。)
MacBook黒の新しいバッテリーはピカピカ
私が使っていたMacBook黒のものとはプリントされている物が違うよな…?(-""-)イヤイヤ気のせいか。
リサイクルマークが輝いてますwww


ねこ先生のMacBook黒は私の物とは比べ物にならない程酷使され…
でもボトムケースは交換されてないのでボロボロ。
角という角がハゲハゲです。(^∀^;)
バッテリーとトップケースが新品過ぎて、異常なアンバランスさです。




と、外観はあまり重要ではありません…。
不具合はどうなっているのか?

ねこ先生に代わって軽くチェックです!

取りあえずiPhoneを繋げてみますが…。iTunes、iPhotoともにどうしてもiPhoneを認識してくれません。何度試みてもダメ。
いきなり困った…(・∀・;)


取りあえずiTunesも含め、様々なアップデートをかけてみる事に。
(ググってみると認識しない時の対処法にバージョンを最新のものに上げる、というのがあった。)

が、ここで、まさかのパスワードエラー!Σ(゚Д゚;)
なんで?
ねこ先生と二人で唸りますが、違う物は違う。
ねこ先生が登録し間違えたくらいしか考えられないのですが…。
しかし理由はなんであれ、これでは何も出来ませんので、どうにかしないと。


通常のパスワードの変更は、システム環境設定 > アカウントから。しかしこれは現パスワードが必要です。
そんな時はパスワードのリセット。インストールディスクからリセットが可能です。

そのままだと調子が悪い…。
アカウント管理画面もおかしい…。アカウントが複数選ばれて解除出来ない~。



うお~、面倒い。ヽ(`Д´)ノ
けど「MacBookの設定をする簡単なお仕事です」なので、やります。w
頑張ります。
インストールディスク、手元にあってよかったw


パスワードのリセットをして、Appleのソフトウェアアップデートをかけます。
これが随分時間がかかりました。
何故かアップデートは2回に分かれていました。
インストール中、ファンがガンガン回り、また電源が落ちるかと思いましたよ(~_~;)冷や汗


アップデートをかけてからは、iTunesもiPhotoもiPhoneを認識してくれるようになりました。


iPhoneの写真をiPhotoに表示する時はかなりファンがまわりますが、落ちはしませんでした。

とりあえず、しばらく様子見です。
普通に使えるようになってるといいんですけどね。(*´ー`*)






おまけ。
最近Apple Storeに行くと必ず2階のアクセサリーコーナーに立ち寄ります。
17インチのMacBook Proが入るバックパックを物色するためです。
実際に17インチ対応モデルはほとんどないのですが、同じシリーズのサイズ違いや型違いの物でも、実物を見ておくことで、17インチ用も想像ができますから。
昨日は定番INCASEの他に、NIXONもバックパックが2種類増えてました。

そしてバックコーナーの横にiPad用アクセサリーが置いてあるんですけど…。
ん?? 
これは! あのウワサの"Origami"ではないですか!(o°▽°)o

ウワサの元
Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard, iPad and iPad 2をゲット -おかゆ MacBook


Origami Workstation for iPad and Wireless Keyboard
incaseのOrigami Workstationがアップルストアに売っていた。
Appleのワイヤレスキーボードを包むケース?をパタッと折るとiPadスタンドに。

Origami Sleeve for iPad
incaseのOrigami Sleeveもアップルストアに売っている。
iPadを入れるケース。中身を取り出して折るとこちらもiPadスタンドになるのですw


Origami Workstationの方はサンプルがあるようで、スタッフさんがPadを立ててお客さんに説明していました。
それを興味ありげにチラ見する私でした。アヤシい…www


このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBook タグ AppleStore タグ GeniusBar タグ トラブル タグ iPadアクセサリー

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Apple純正品iPad 2専用 Smart Coverと初代iPad Caseの比較 ~共通点と進化~』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

05月

20


先日のiPad2専用風呂蓋(Smart Cover)のエントリは
思いのほか「タイムリー」と言ってくれる人がいてよかったです(笑)

本日はiPad2専用風呂蓋(Smart Cover)を購入してすぐに気になった事をエントリします。


そもそも初代iPad用にApple純正ケースと今回の風呂蓋を比べる事自体は意味ナッシングとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

ケース vs 蓋
ですから。モノが違います。Apple純正品という繋がりだけしかありません。

が、比べて変更点を見てみると、コンセプトメイク、Appleの目指している物が見えてきます。



なんて、偉そうなことを言っていますが、全く大したエントリではありません。
人が見て何気なく感じる事を文章化すると偉そうに聞こえるだけです(笑)

たまに詳細でもないのに「徹底比較!」など、
大した内容も無いのに、もの凄い大きな事を宣うているタイトルの記事を見かける事がありますが、あれはちょっとだまされた気になるので止めて欲しいなぁと思います。(・∀・;)
タイトルで釣りたいのはわかりますが…。


という事で、今回の記事は普通の事しか言ってないですよ~~と最初に布石を打っておきます。
比較マニアさんの心を満足させる程の出来ではないです(笑)



iPad2専用Smart Coverと初代Apple iPad Caseのスペック比較と進化


最初に申し上げたように、モノが違うので初代のiPadケースとSmart Coverを単に比較する事は意味がありませんが、違いを知る為に一通りやってみましょうw


↓↓初代iPadケースの詳細参考記事↓↓
純正Apple iPad Case 仕様とファーストインプレッション - 2010.07.24


Apple純正品iPad 2専用 Smart Coverと初代iPad Caseの比較


iPad2専用Smart Cover  初代Apple iPad Caseのスペック比較

iPad2専用Smart CoverApple 初代iPad Case
構造(風呂)蓋手帳系ケース
装着時のサイズ241×189 mm約 250×200 mm
重量134 g/革製 (約140g/ポリウレタン)160 g
液晶部分の蓋の厚み 2 mm2 mm弱
10色1色
素材革+マイクロファイバー
ポリウレタン+マイクロファイバー
マイクロファイバー
(強化パネル構造)
価格6,980円/革製 
3,980円/ポリウレタン製
3,980円
  
※装着時の厚みに関しては初代iPadとiPad2の厚みが違うのでここでは触れない。
重さはレザー製のスマートカバーのもの。ポリウレタン製の方が軽いと思われる。
ポリウレタン製のスマートカバーの重さを追記しました。
[情報提供kamocomeonさん]
量りや環境など同じ条件ではないので正確な事は言えませんが、どうもポリウレタン製だからといって軽いということはなさそうです。



[サイズ]
初代はケースだったのでiPadが一回り大きくなる構造です。
しかもバリがあったため純正Dockに立てられない、という何ともお粗末な一件もw

今回のスマートカバーは蓋なので、サイズはiPad2本体とぴっちり合わせて最小限に作られています。本体からはみ出るのは蓋を装着する為のマグネットの分だけです。

無駄の無い最小限なサイズに変更されています。



[重量]
初代ケースは背面もディスプレイ面も覆う手帳タイプだったため、軽量化されていると言ってもそれなりの重さで160g

スマートカバーはそれに比べ軽くなったのか? と思いきや、革製のものはあまり軽くありません。革の場合は素材を考えるとこれ以上の軽さは無理と思われます。(これ以上軽くするには革を薄くするしかない→確実に安っぽくなる)
ポリウレタン製の方の情報がなくてすみません。^^;)

iPad 2専用 Smart Coverの重さ




[液晶部分の蓋の厚み]
これは初代も風呂蓋もほぼ同じ。もちろん風呂蓋の折り曲がる部分は薄いです。



[色]
初代のシブい黒一色に比べ、今回は10色展開。Appleが絶大な自信を持ってこの風呂蓋を売り出しているのがわかります。www



[素材]
初代ケースはマイクロファイバーで出来ている様です。
実際このケースを使っている人は分かると思いますが、かなりべたっとしたマットな質感で、埃がつきやすくてたまらない。
これは頂けませんでした。

スマートカバーは 革+マイクロファイバー or ポリウレタン+マイクロファイバーです。
初代ケースのな不思議なマット感はなく、内側のマイクロファイバーがやわらかく、さらさらで気持ちいいです。



[価格]
初代のケースと同じくポリウレタン製スマートカバーは3,980円。ちょっと高級指向(笑)なレザー製は6,980円。風呂蓋のくせに正直ちょっと高いです。www

昨年秋のレートの改正で考えると、今回スマートカバーはもうちょっとお安くなるはずなんですけど…。(iPad2は初代iPadと同じドル価格なのに、日本でiPad2は初代より安くなってるでしょ?)





iPad2専用Smart Coverと初代Apple iPad Caseの機能(能力)/構造の変化


実はスマートカバーを購入して一番最初に比較してみたのがコレです。


[スタンド機能はまったく同じ]

iPad2専用Smart Coverと初代Apple iPad Case、構造はまるで違いますが、スタンドとしての機能は同じ。


横においても

Apple純正品iPad 2専用 Smart Coverと初代iPad Caseのスタンドの角度は一緒 横



縦にしても

Apple純正品iPad 2専用 Smart Coverと初代iPad Caseのスタンドの角度は一緒 縦
フォトフレームのように立てたときの安定感は、Smart Coverの方が優れています。


ほぼ同じ角度で、狙った通りの働きをしてくれます。

ケースを使い易いスタンドにするというコンセプトは初代ケースも風呂蓋も同じです。
ここが「Apple的には譲れないところである」というのが分かります。




[構造としての違いと変化]

初代ケースはiPadの背面もディスプレイ面もカバーされます。
一方スマートカバーは風呂の蓋ですから(笑)ディスプレイ面しか保護されません。
この変化にもAppleの意思を感じます。

iPhoneの様に小さくないディスプレイをもつiPad、一番保護を必要とするのはそこです。
持ち運びを前提としたノートパソコン。これらは2枚貝のような構造を持つので一番弱い部分(ディスプレイやキーボード)を隠せる構造になっています。
MacBookにケースを付ける人もいますが(私のように^^;)、Appleから『純正MacBook Proケース』なんかが出ていないあたり、「そのまま使えばイイじゃん(・∀・)」「そのまんまが一番スタイリッシュじゃん」というがAppleのデザイン思想です。

まさに今回のスマートカバーの蓋構造はAppleのデザイン思想が反映されていると言えます。



初代Apple iPad CaseからiPad2専用Smart Coverへ


上に挙げたようにスペックや機能、構造の違いから、純正iPadアクセサリーの変化(進化)、ひいてはAppleの考え方がうっすら見えてきましたよね。(笑)



初代の純正iPadケースのイメージは「大きな黒い手帳」でした。
今回のSmart Coverでは「カラフルな蓋」。

iPadを全部を保護+スタンド機能

iPadディスプレイのみ保護+スタンド機能


シンプルを愛するAppleらしい構造になりました。
もちろん要素が減った事によるデメリットもあります。
しかし、その使い勝手は初代のケースとは比べ物になら無い程上がっているというのも事実です。

初代のケースが試作品に見えてきます。
それくらいSmart CoverはAppleらしい良く出来た製品です。





Smart Coverのレビューは、またそのうちupしますが、
最初は「風呂蓋なんて要らん(・∀・)」と思っていた私も、すっかり
「風呂蓋と思ってあなどっちゃイカン。iPad2を持っている人は是非使ってみんしゃい」
と考えを改めました。

それくらいおススメです。風呂蓋(笑)



しっかし、こんな大した事ない内容でも書くとボリュームがすごいなぁ(笑)
この能力を何かに活かせないものかなぁ(o°▽°)o

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ iPad タグ iPadアクセサリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。