もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Retina MacBook Pro 13インチ購入しました(。´▽`)』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

10月

24


こんにちは。ご無沙汰してますユコびんです。
この数週間、今までの人生で一番と言っても過言ではない忙しい日々を送っていました(´Д`;)`、
この生活があと一週間続いていたら倒れていたと確信できます(笑)
(一年続けたら確実に過労死…。私は今まで呑気に暮らしていたんだと思いました^^;)
その話はまた今度〜

そんな超絶忙しい案件?から解放されたのが23日の昼過ぎ。
そしてAppleの発表。
もうこれは、仕組まれていたとしか思えないスケジューリング(`・ω・´)=3


13インチのRetina MacBook Proがリリース。
公言していたように、私、明け方onlineのApple Store復活を待って迷う事無く即ポチしました。


そう…即ポチしたんですよね…
キーをUSにしたので、即日発送的な案内ではなかったんですけどね、それでもすぐ来るような日程が書かれていし、即"出荷準備中"になりキャンセル不可だったんですけどね…
午前中、確認したところ、ステータスが"処理中の商品"になっていて、キャンセル可になってるんですね。で、お届け予定日が11月越え…

ほへ?
じゅういちがつ??
一番早くても一週間以上先ってこと??

Apple online Storeがあけて可能な限り即ポチしたんですけどね…(しつこい…
(´・ω・`)



ということで〜
Apple Store 銀座にお電話。
13インチのRetina MacBook Proの入荷状況を確認し、Go〜です(((((( =`□´=)<出遅れた〜

App Store銀座に13インチ Retina MacBook Proを買いに行くユコびん



自分がいた数分(たぶん5分くらい)の間もそこそこ売れていくRetina MacBook Pro 13インチ。(お電話ではそれなりの量入荷したって話でした)


無事げっとーーーー

発売日に13インチ Retina MacBook Proをゲットしてほくほく(。´▽`)




スペックやら、ファーストインプレッションなどは、また次のエントリで(。´▽`)
お楽しみに♪




 * * *

ちなみにApple Storeでお友達(しかも昨晩会った)と遭遇。13インチRetina MacBook Proをお買い上げ中で、私、大ウケしました。丁度同じ時間に来てるしwww しかも、昨日会った時そんな話ミジンコもしてなかったじゃん。そして2人ともろくすっぽ見ないで購入という(笑)
ほんとにもーなにやってんだか〜(笑)
友達もApple Storeで13インチ Retina MacBook Proを購入しに来てきた。お茶をしながらで開封の儀?




スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Retina タグ MacBookPro タグ Apple タグ AppleStore

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『AirMacユーティリティ 5.6 と AirMac Express、Extreme、Time Capsule』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

08月

07


ついこの間の事、思うところあってTime Capsuleをリセット(初期化)しました。工場出荷時状態のオールリセットです。
(本体のリセットボタンを使うアレ。AirMac機器のリセット方法を知りたい方はコチラ

で、Time Capsuleの設定をしようとAirMacユーティリティを立ち上げたんですが…。

AirMacユーティリティ6.1からTime Capsule第3世代は見えない…((((;゚Д゚))))
「予期しないエラーが起きました。やり直して下さい。」何事ぞ!

再度リセットしたりして何度かトライしましたが、同じエラーが出てTime Capsuleを認識してくれません。(n;‘Д‘))n <おぉ~、ユコびんよ。繋がらないとは情けない。またしてもトラブルブロガーの実力を発揮してしまうのか?!


AirMacユーティリティは今年の2月に6.0になりUIもガラリと変わったんですよね。iOSのAirMacユーティリティと同じUIらしいですが、はっきり言って全然馴染みがありません。
以前のAirMacユーティリティのUIに愛着があるんですけどね。ずいぶんお世話になりましたから…^^;)

ううううーーーーん。
何でつながらないの??
そういえば事務所のiMacをOS X Lionにした時、Time Capsuleをいじりたくて、この新しいAirMacユーティリティで作業しようとしたら「この機種は対応してないので以前のバージョンをダウンロードしてそっちで管理してね」というポップアップが出たんだった。思い出しましたよΣ(゚Д゚;)


 * * *

Lion以降のOSの人は皆さん、何の気無しに普通にアップデートで入れていると思われるAirMacユーティリティ 6.~(現在は6.1)。実は結構シビアで、最近のAirMac機器にしか対応してないのです。(AirMac Extreme、AirMac Express、Time Capsule)

私のTime Capsuleは2010年の春、MacBook Proと一緒に購入した第3世代。(ちなみに事務所のも第3世代。リンあれの初期エントリに出てきましたw)Time Capsuleはこの第3世代から2.4GHz と 5GHz の同時送信が可能、802.11n デュアルバンドに対応してます。

「うぉい~、君は…2010年のモノでもダメなのかい…?」(੭ु;・∀・)੭ु⁾⁾バンバン

じゃぁ、第4世代(2011.6発売)Time Capsuleからなのだろうか? それって一番新しいシリーズだけってことになるじゃん…、そりゃちょっとシビア過ぎでは…

AirMacExpressやAirMac Extremeやら、どこからが対応している世代なんでしょう? 
明確な区分けは調べてもよくわからなかったんですよね。^^;) AirMacExtremeも2011年6月発売の第五世代からかもしれませんねぇ…



まぁ、AirMacユーティリティさんに話しかけても何も解決しないので、AirMacユーティリティ5.6をダウンロードして持ってきましょう。

Mac OS X Lion 用の AirMac ユーティリティ 5.6
http://support.apple.com/kb/DL1482?viewlocale=ja_JP
『AirMac Express 802.11g および AirMac Extreme 802.11g ベースステーションに対応しています。』とあります。そうだね、古いAirMac機器に使えるんだね。でもうちのTime Capsuleさん、そんなに古いかな^^;)? 802.11nだって対応してるんだよ…


ちなみにAirMacユーティリティ 5.6は6.~バージョンとは別アプリ扱いなので共存できます。
「AirMac ユーティリティ」
「AirMac ユーティリティ 5.6」
と仲良く並んでます。

AirMacユーティリティ6.~と5.6は別のアプリ扱い


無事、AirMacユーティリティ 5.6からTime Capsuleの設定ができました(*゚ー゚)

AirMacユーティリティから5.6からTime Capsule第3世代の設定が出来ました。


設定後は、AirMac ユーティリティ6.1の方からもちゃんと見えます…設定は全部正常に出来るかはわかりませんが。

設定出来てしまえば、AirMacユーティリティ6.1からからTime Capsule第3世代は見えます。

設定した状態でAirMac ユーティリティをアップグレードしていってる場合は、この状態になるので、特に不都合はないかもしれませんね。


 * * *

対応してない古いAirMac機器でも繋がっている状態であれば、(事務所のTime Capsuleを設定し直そうと思った時のように、)「AirMac ユーティリティが対応してない機器である」という警告が出てるので、謎に陥る事はないと思われ。しかし、今回のようにまっさらの状態でAirMac機器を設定しようとすると、何の警告もなく、ただエラーが出るだけなので、首をかしげることに。(^∀^;)

AirMac機器の設定なんて滅多にしないと思いますが、Lion以降のOSで、ちょっと前のAirMac機器を持っている方は、頭の片隅にいれてくといいかもしれません。( ´ ▽ ` )ノ




ちなみに、逆パターンもあります。
AirMac ユーティリティ6.~はOS X Lion以降のアプリです。
6月に新装されたAirMac Express(白いApple TVみたいなヤツです)を、Snow LeopardやLeopardの方が使うには…AirMacユーティリティ5.6.1が必要です。

Mac 用の AirMac ユーティリティ 5.6.1
http://support.apple.com/kb/DL1536?viewlocale=ja_JP


何かフとした時に役立つかもしれない…皆のリンあれ( ´∀`)ノ 

…だったらいいなぁ(笑)





新しいAirMacExpress…ほしいなー(*´ー`*)使うとこ特にないけど…





このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Macアクセサリー タグ Apple タグ App タグ OS

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Macの音量(ボリューム)を1/4ずつ調節できる小技、option+shift そして最小音量は…?』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

08月

03


Macのキーボードで文字キー以外によく触るキーってなんでしょうね?
commandやshiftキーはショートカットで多用しますが、私が意外ととよくいじっているキーはファンクションのF10、F11、F12です。
音量(ボリューム)調節のキーですね~。
MacのF10:ミュート(消音) F11:音量 down ↓ F12:音量 up ↑

F10:ミュート(消音)
F11:音量 down ↓
F12:音量 up ↑


事務所でも家でもMacで音楽なんかをガンガン鳴らすことは稀ですから、いつもおとなしモードです。基本は下から1メモリの音量 or 消音です。


Macの音量調節って、1メモリずつだと思ってたりしません??
ところがどっこい!実は1/4メモリずつ音量が調整出来るんですよ!

option と shift キーを押しながらF11(音量 down )や F12(音量 up )を押してみると…メモリ1/4で微調節出来ます。

Macの音量(ボリューム)はメモリ1/4で微調節出来る。
ピコピコと1/4ずつメモリが増えたり減ったり。細かく音量調節できます。 知ってました?w


これは割と有名な小技みたいです。以前くじゃくさんのところで知ってから、1/4調節無しではMacが触れない体になってしまいました(-""-;)

キーボードからアナログ出力音量を微調整するなら…… - リンゴが好きでぃす♪

OS X Lionでは、バグがあってしばらくの間(リリースから半年以上)1/4調節が出来なかったんですよね。辛かった…。(バグです、どう考えてもバグですヽ(`Д´)ノ)
あ! 新しいOS Mountain Lionは大丈夫ですよ。ちゃんと1/4調節出来ます。(o°▽°)oヨカッタ!




まめに音量調節をする私としてはコレがないとお話にならない(n;‘Д‘))n そんな小技紹介でした。



さらにもう一つ。
 
そうやって1/4調節で1メモリより小さな音量も設定出来るんですが、最小音量ってどこだと思います? 
F11キー(音量down)を押していってみてください。…最終的には音量0でミュートになりますよね。
ということは、1/4が最小の音量という事になる…?

Macの音量(ボリューム)、メモリ1/4の状態

このままF11キーをを押すと最後はミュート状態(音量0)に。ということは、ミュートになる直前の音量が最小だと思いますよね。
F11:音量 down を押しづけるとミュート、音量0になる。




と、思いきや実は1/4よりも小さな音量設定が出来ます。
F11キー(音量down)を押し続け、一度ミュートになった状態で、F10のミュートキーを押します。
すると。ものすごい小さな音ですが、音が出るようになります。これがMacの最小音量ですね。

メモリ0の状態でF10(ミュート)キーを押すと、メモリは0なのに音が出る。
メモリ0ですが、斜線が消えて小さな音が出るようになります。

(発見した時、これはブログネタだ!(( ゚ロ゚)ノ と思いちょっと興奮。でも需要ないなぁ~~と思ってw それからから随分経ちましたがやっぱり書いとこーと。)


本当に静かな部屋なんかだと使えますよ。(というか使ってます。)
特にイヤフォンを繋いだ時は便利です。音楽を聞くにしてもiTunesで音量調節できますが、それだと他の通知の音が相対的に大きくてビックリすることが(笑)
最小音量は環境次第かもしれませが、とにかく1/4の音量調節は使えますよ(*´ー`*)




【おまけ】
この「option」+「shift」の 1/4調節は、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトでも使えます( ´ ▽ ` )ノ
バックライトで1/4調節の効果のほどは微妙ですけど。バッテリのもちが心配なMacBook Airで1/4にして使う、とか?(笑)

MacのFnキー、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトを調節する。

「option」+「shift」の 1/4調節は、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトでも使えます

こちらもMountain Lionでも使えます。






たわいもない技ですが、ユコびん的にはサイコーなtipsです(*´∇`*)
もしまだ知らない方がいれば、使ってみて下さい~!





このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Mac タグ MacBookPro タグ MacBookAir タグ iMac タグ OS タグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。