もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Willcom、docomo網を利用したサービスの新規受付は本日まで』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2010年

09月

30


「docomo網を使いたい人は今日までだよ、急げ~(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)!」
っていう程の事ではありません。残念ながら全く。(´Д⊂ヽ

という訳で今日もMac話は出てきません。

でも
微妙にiPhoneユーザーには関係あるかも。
だって、これからウィルコムユーザーの一部がソフトバンクの通信網に入っていってデータ通信しまくる予定ですもん。(・∀・)圧迫(笑)

docomo網を利用したサービスはSoftBank網にswitch 第一段階


10月からSoftBankの3G網を利用したデータ通信サービスが開始する訳で、docomo網を利用したサービスの新規受付は、今日つまり9月いっぱいで終わります。
ソフトバンクがサポーターになったので、いつdocomo系のサービスが打ち切られるかと思っていますが、まず第一段階来ましたね。(´Д`)`、
意外と遅かったとyucovinは思いました。しかし公式アナウンスが会ったのが昨日29日。ちょっとちょっとウィルコムさん、直前すぎやしませんか? ソフトバンクさんに何か言われましたか? なんかお粗末ですね。
この調子じゃ、第二段階(ドコモ網を利用したサービス自体の打ち切り)も突然やってくるんじゃないかと思ってしまいます。
"WILLCOM CORE 3G 一部料金コースの店頭での受付について"

具体的に受付中止になるサービスのコースは

・「新ウィルコム定額プランG」(スマートフォン向け)
・「3G データ定額」(個人向け)
・「3G データ定額ビジネス」(法人向け)


そして代わりにこれからはSoftBankの3Gを使ったプランが用意されています。(10月から)
"「WILLCOM CORE 3G」にSoftBank 3Gに対応した料金プランを新設"

・「新ウィルコム定額プランGS」(スマートフォン向け)2010年10月8日(金)より
・「3G データ定額ビジネス(S)」(法人向け)2010年10月1日(金)より


個人向け3Gのプランはまだ出て来ていませんねぇ。個人の利用者は少ないんでしょうね。



他通信会社の通信網を使ったサービスの歴史?


さてさて、そもそもdocomo網を使ったWillcomのサービスは話題のXGP(*1)までの単なるつなぎのサービスとして提供されたのが始まりです。2009年3月のことです。
その後、HYBRID W-ZERO3のハイブリッドのお相手としても展開されていました。(HYBRID W-ZERO3はWillcomのW-SIMとdocomoの3GのSIMを搭載している。)
docomoからつなぎでお借りしている回線なので、サービスが始まった時点で2012年12月末までという期限付きで提供されています。最初っからちょっと間借りするだけのつもりだったんですね~。
始まった当初の情報
"「WILLCOM CORE 3G」のサービス提供について "

今回は取りあえずdocomo網を使ったサービスの新規受付終了しました。始めから2012年末までのサービスなのでソフトバンクがサポーターになった今、それ以降は提供されることは無いと言い切れちゃいます。それどころか早期打ち切りの可能性がある訳ですよ。(∩゜д゜)アラマァ

私のHYBRID W-ZERO3のdocomoSIMもいつまで使えるのかな? 流石に、2012年まで今の機種(HYBRID W-ZERO3)を使い続ける事は無いと思いますけど。(@-@;)


メリットってあるのかな?


[SoftBank的メリット??]

XGPのつなぎで始まったサービスなので、XGPが切り離された今、「3G データ定額」をわざわざSoftBank網で継続させる意味って何でしょうね?
普通に考えると そこからSoftBankにユーザーを引っ張って来るくらいでしょうか? もしくは新会社で展開する予定の2.5GHz帯通信(XGP?)にかな? それこそつなぎ。(笑)
HYBRID W-ZERO3の復活(*2)も、SoftBank網になったとしても再販を待ち望んでいるユーザーもいるわけですからね。
逆に「SoftBank( #`Д´)×××!」ってユーザーも居るので何とも言えませんが…。


[ユーザ的メリットとデメリット]

docomo網からSoftBank網になるメリットって? デメリットの方が大きいかなー。(・~・)
800MHz帯の通信網を持ってないソフトバンクはどうしてもエリアの点でドコモよりも劣るし。
iPhoneでも問題になっていたけど、通信網を圧迫しないために通信速度制限があるし、(そんなに使うかどうかは別にして)

「3G データ定額ビジネス(S)」
当日を含む直近30日以内のご利用データ量が1,000万パケットを越えた時点で、通信速度を制限いたします。
「新ウィルコム定額プランGS」
当日を含む直近30日以内のご利用データ量が500万パケットを越えた時点で、通信速度を制限いたします。尚、PHS通信は、本通信品質確保対策の対象外となります。




[訂正1/6]
あ、一つメリット。
「新ウィルコム定額プランGS」(スマートフォン向け)の上がり通信速度がちょっと速い。(`・ω・´)ノ

docomo網を利用したサービス
通信速度下り最大7.2Mbps、上り最大384kbps最大5.7Mbps
SoftBank網を利用したサービス
通信速度下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbps
う~ん。コレくらい?

docomo網を利用したサービス上りの記述が間違っていました。すみません。
全くメリットなしです。




だれとでも定額の試験的サービスが始まったくらいで、とりあえずWillcom全体としてはdocomo網サービスをSoftBank網にスウィッチしながら現状維持といったカンジでしょうか。
ってか現状維持じゃ衰退するだけなんですケド…。(・∀・;)





(*1)XGPとは
XGPとは、2.5GHz帯の電波を使って高速無線通信が出来るサービス。次世代PHSとして用意されていた。上り下り最大20Mbps(速いッス)、現在東京の山手線のあたりでしか使えません。つまりそこでWillcomの資金がつきたという事。悲しいサービス。
ブログ内関連記事はコチラ→「これからのWillcomとSoftBank その2
ここに、もうちょっとXGPについて書いてある?(笑)

(*2)HYBRID W-ZERO3の復活
HYBRID W-ZERO3の再販は嬉しいニュースだが、正直ユーザーとしてはお勧め出来ないのぅ。
[Willcom]HYBRID W-ZERO3 再販キター!
私の忌憚なき意見が超簡単に書いてあるエントリです。

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Willcom タグ SoftBank

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『リンゴあれこれ、かれこれ。~ブログタイトルの由来~ 今日の絵日記』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2010年

09月

29


こんにちは!
今日はこのブログのタイトルの由来をお送りします。由来というか経緯(いきさつ)?
そんなワケで今回は100%個人的な内容です。
このエントリを読んでも、「もっとリンゴ」(←もっと知りたいリンゴあれこれの略)マニアかyucovinファンでなければ面白くない事請け合い!
(…ってか、面白い人…いるのか…? ヤバい、考えちゃ駄目だ)

いやね、ちょっとね、プロフィール強化月間(あ、もう月末だ!駄目じゃん)にしようと思いまして。
上↑のヘッダにprofileのボタンを作ったので、いくつかprofileにまつわる記事を書こうかと。



本当は今回は、ブログタイトルと名前yucovinの由来を両方書くはずだったのですが、出来上がったのを見たら、これがまた長い。(∩゜д゜)

このブログを読んでくれている友人が居るのですが、いつもいつも「yucovinのブログは1つの記事が長い、こんな長いのあんまなくない?」と言います。「読んでくれた?」って聞くと「だって長いんだもん、いつも読むのは大変」とか言われちゃってマス。
まぁ、人によるとは思うのですが。忙しいので長いのは毎日は読んでられない、ということみたいです。(´∀`;)

そんなこともあって、今回はのブログタイトルの由来編。
yucovin名前の由来はまた次回。
そしてyucovinと事務所の愉快な仲間達、簡単紹介編を近々お送りする予定です。



ブログタイトルの由来


「もっと知りたいリンゴあれこれ」

それは数ヶ月前の出来事。いよいよブログを始める決心がついたyucovin。FC2のブログに登録手続きを始めて気がつきました。
「ブログのタイトル考えて無いじゃん!」
肝心な事を忘れてました。
たまにウッカリしてしまうyucovinです。
皆さんいろいろ素敵なタイトルを付けてますよね。
でも、そんなひねりが利いたものなんて思いつかない…。
スタンダードに、Mac系ブログなんだから「Mac」は使いたいぞ。と思った私。

で?(^-^;)
何にしよう?
私、何したかったんだっけ?
えっと、ブログをする事で自分も持ってるもの(知識、思考、経験)を誰かに提供したり、パソコン関連のスキルアップや知識も学びきっかけにしたい。Macオタクになりたい。楽しいブログにしたい。とにかく
もっとMacのことが知りたいな…

コレかな?
えっと、
「もっといろいろ知りたいMacintoshのこと」
う~ん、語呂が悪い。
「もっと知りたいMacいろいろ」

あれ?でもiPadとかMacじゃないし。iPod、iPhoneもMacじゃない(∩゜д゜)!
じゃ、Apple?
Macの方が良いんだけどな…
Apple…アップル…なんか違う。じゃリンゴにしよう。「マック」「リンゴ」、音も3つだし。
リンゴが好きでぃす♪」さんをはじめ、リンゴってのをタイトルに使っているところは結構あるもんね。
出来た!
「もっと知りたいリンゴいろいろ」(・∀・)

思った事がそのまま出てしまいました。
私の行動パターンそのままじゃないですか(´∀`;)
ま、いいか私のブログだし。
と、これだけだと何のブログだかわかってもらえないかもしれない。
サブタイトルとして「*Mac関連備忘録ほか+絵日記*」を足しました。

あ、気づきました?
今のタイトルと若干違う事に。
実は公開して数日は「いろいろ」だったんですが、「いろいろ」より「あれこれ」の方が読んだ時に抑揚があると思って変更。訪れる人もほとんどいなかったので、こそっと変えちゃいました。(なんてどうでも良い情報でしょう。笑。たぶん知っている人はいない。友人さえ気がついていないもん。)

もっと知りたいリンゴあれこれのタイトルイメージ




ここに誕生した新米Macブログ


こうして、なんのひねりもないタイトルのゆるゆる絵日記Mac系ブログが誕生した訳です。

HNの方はyucovinと覚えづらいに違いないので、ブログタイトルは覚えてもらいやすいと良いんですけど。
どうなんでしょね?(^-^;)

「もっと知りたいリンゴあれこれ」が良いタイトルなのか、自分ではよくわからないんですけど、自分らしいかなと思っています。( ゚∀。)
知りたいという欲求は私の中ではとても大切なものだったりします。
知らない事を知る事、わからない事に何故?と思える事って大事です。
知らないという事、わからないという事自体に気がつかない人もいたりしますもんね。
もちろん知りたいと思ったことが即仕事や生活に役に立つ事なんてほとんどありませんけど。(笑)
それでも無駄な知識や経験だって知的欲求を満たす効果は十分あったりします。
そして、もっと知ることが出来れば、世界はもっと広がるハズですよね。(´∇`)


皆さんもいろいろ考えてサイトタイトルをつけているんでしょうね。他のブログの由来も知りたいな。集めたら楽しそうですよね。
ちなみに以前も書きましたが「おかゆMacBook」さんの由来がステキ(^-^)。コチラ→「Happy Birthday, MacBook!

由来を公開してないブロガーさんは是非。(`・ω・´)ノ
って私が読みたいだけです。(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ 絵日記 タグ 由無し事 タグ ブログ

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Apple系、ディスプレイの解像度(ppi)一覧 ~簡単な1コマ説明付き~』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2010年

09月

28


こんにちは。
急に寒くなって風邪気味のyucovinです。熱っぽい(*´□`*)。皆さんもお気をつけくださいまし。

ところで、
私、yucovinはきれいなディスプレイが大好きです!
それだけでiPhone4が欲しいと思うくらい。その想いを1つの記事にしてしまうくらい、心惹かれます。
iPhone4が欲しいな ~だって326ppiなんだもん~」でppiの話をするんだと言ったきりそのままになってました。
しかし、ppiの事は忘れた日はありません。(`・ω・´)ノ


ppiの簡単な説明


DTP(*1)ソフトを使って印刷物を作る人なんかではお馴染み、今はデジカメも普及しているので耳にしてる人も多いとは思いますが、
「ppiって何?」って人もいるかもしれないので、すっごく簡単に説明しておきます。
(このあいだ姉にも説明してみた。意外と知らない人も居るのだよ。)

ppiとは「pixel per inch(ピクセル パー インチ)」
それと似たものに
dpiというのもあります。こちらは、「dot per inch(ドット パー インチ)」
(略してあるものが、何の略か知れば案外簡単にわかっちゃうものです。)

画面や画像の解像度を表す単位で、簡単に言うと「1インチの中に何個のつぶつぶがあるか?」という事。当然いっぱいつぶつぶが入っている方が細かい。少なければ荒い。
(1平方インチではないので注意。つまり下の絵の一辺が1インチとすると、左は5ppi、右は10ppiということ。)
ppiの説明をするyucovin

ピクセルとドット?一緒じゃないの?
ドットというのは単に物理的な点。ピクセルはデジタル画像の色情報の乗っている点のこと。ほとんど同じように扱われる事もあるが、このような違いがある。
もうちょっといろいろ詳しく知りたい方はコチラのページがわかり易いです。^-^)/
CyberLibrarianさんの「画像データ



(*1)DTPとは、DeskTop Publishingの略。
え?卓上出版じゃん。
って、その通りである。
印刷物のを卓上、つまりパソコン上で版下まで作りあとは印刷屋さんへ。DTPソフトのお陰で(せいで)写植屋さんは絶滅寸前。しかし、おかげでyucovinが事務所でちくちく作業をするだけで印刷物が簡単に作れるようになった。この場合かかる費用はyucovinへ支払うお小遣いと印刷屋さんに払う印刷代だけである。だれでも安価に印刷物が作れる時代になった。良いのか悪いのかは難しい問題だ。



Appleのディスプレイ解像度(ppi)一覧


最近のものだけ挙げてあります。前のモデルでもMacBook系なんかだとほとんど変わっていません。
また実際の見た目の印象は同じppiでもDisplayの種類によってかなり異なりますので要注意。

ではでは、表を見ながら自分の持っているものと比べて想像してみましょう!

(※外部ディスプレイの欄はサポートしている最大ピクセル数。)

iMac
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
iMac 21.5"(Mid 2010) 1,920×1,08021.51022,560×1,600
iMac 27"(Mid 2010)2,560×1,440271092,560×1,600
 

MacBook(2006年のリリース以来同じ解像度)
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
MacBook(Mid 2010)1280×80013.31132,560×1,600


MacBook Air(2008年のリリース以来同じ解像度)
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
MacBook Air(Mid 2009)1280×80013.31132,560×1,600
(late 2010)11.6 ”のウワサ11.6 ?2,560×1,600 ?


MacBook Pro
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
MacBook Pro 13.3"(Mid 2010)1,280×80013.31132,560×1,600
MacBook Pro 15.4"(Mid 2010)1,440×90015.41102,560×1,600
MacBook Pro 15.4"(Mid 2010)1,680×1,05015.41282,560×1,600
MacBook Pro 17"(Mid 2010)1,920×1,200171322,560×1,600


Apple LED Cinema Display
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
27"(Mid 2010)2,560×1,44027109-


Mac mini
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
(Mid 2010)---Mini DisplayPort出力で、最大2,560×1,600
HDMIポート出力で、最大1,920×1,200


Mac Pro
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
(Mid 2010)---デジタルで2,560×1,600
アナログで2,048×1,536


iPod
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
iPod nano 4G/5G240×3762204-
iPod nano 6G240×2401.54220-
iPod touch 1G/2G/3G320×4803.5163-
iPod touch 4G640×9603.5326-


iPhone
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
iPhone /3G/3GS320×4803.5163-
iPhone 4640×9603.5326-

iPad
ピクセルインチppi外部ディスプレイ
iPad1024×7689.7132-
7インチのウワサ1024×768 ?7 ?約183 ?-


私が使っているMacBook Pro 17インチとiPadはなんと同じppi。でも印象が違う。これはおそらく使う際の画面と目の距離が大きい要因ではないかと考えられる。MacBookを使う時は40cm程度、一方iPadは20cm程度。
このような観点も加味すると一概に高解像度であればあるほど良いとは言えない。(ような気がする^-^;)

iPhone4の326ppiも一般の印刷物並みの高解像度で、yucovin的には「サイコー」なのだが、上司のねこ先生のように老眼が入って来てる人にとっては、高解像度よりも物理的に大きなディスプレイであることの方が重要と思われる。


う~ん。
しかし、こんな解像度の表をまとめたり眺めたりして想像するだけで楽しくなれる私って、なんて単純なんだろう。(・∀・) ニヤニヤしちゃいます。
もしかして、ちょっとヘンでしょうか?

あなたも自分の持っているものから、今狙っているもののディスプレイを想像すると楽しいと思います。(*´∇`*)
想像力も鍛えられるかも。
と、自分の趣味を無理矢理ススメてみるyucovinでした。(`・ω・´)ノ


このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ 絵日記 タグ Apple タグ Mac タグ iMac タグ MacBook タグ MacBookPro タグ MacBookAir タグ iPhone タグ iPod タグ iPad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。