もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『OS X Mountain Lion をクリーンインストールする方法、手順 ~インストールディスク制作編』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

07月

28


Mountain Lion使ってますか~?
私は、サブマシンのMacBook Air(Mid 2011)に(取りあえず)上書きインストールしたんですが、中には気持ちよくクリーンインストールをしてMountain Lionを飼いたい人もいるかもしれません。


Lionの時はMacBook ProのHDDに別パーティション(Lionの小部屋)を作って、それこそクリーンインストールしました。今回はサブマシンがあるんです、Mountain Lionをクリーンインストールしてみたので、その手順を簡単にまとめておきます。
(実は一度Lionにダウングレードしてみた。そこからMountain Lionをクリーンインストール。その話はまた次回に。)


ダウンロード販売になったOS X v10.8 Mountain Lion。
物理メディアがないので、インストールディスクを作ります。Mac本体とは別にメディアがあると何かあっても安心ですしね。
OS X v10.8 Mountain Lionが入ったMacに外付けでHDDなんかを繋げて(逆も可)、Recovery(復旧10.8)ディスクを使ってクリーンインストールすることもできます。(要はMountain LionのRecoveryからアクセスできればよい。)今回はお手軽にどんな環境でも出来る物理ディスクでクリーンインストールです。


今回のエントリテーマはOS X Mountain Lionのクリーンインストール。
話の流れは…

・OS X Mountain Lionインストールディスクを作る。

・作ったインストールディスクを使ってクリーンインストール[ディスクの消去(フォーマット)+インストール]

となっております。

重要なのは最初のOS X Mountain Lionインストールディスクを作るところですね。インストール自体は流れにのってけば、考えるポイントはありません(笑)

それでは今回私がやった手順をどうぞφ(・∀・ )


[追記]
上にも小文字でかきましたが、復旧10.8からアクセス出来る状態であればクリーンインストールができます。Mountain LionがインストールされているMacであれば、一緒に復旧10.8も入っているはずです。物理メディアをつくらなくてもそこからクリーンインストールはできます。^^


OS X Mountain Lionインストールディスクを作る


Lionはリリース後しばらくしてからUSBメモリ版も販売しましたが、Mountain Lionはどうなんでしょうね?
今の所Recovery disc Assistantも出てないですし、Mac App StoreのMountain Lionのインストールappから、イメージファイルを取り出して、物理ディスクを作成します。

【必要なもの】
・Mac App StoreからダウンロードしたOS X Mountain Lionインストール.app
・4.35GB以上の空のメディア USBメモリ、SDカード、DVDなど



1)Mountain Lion インストール appを入手


もちろんMac App Storeから。ダウンロードすると自動でMountain Lion インストールappが立ち上がります。が、取りあえず終了させます。

もうすでにMountain Lionをインストースしたマシンの場合。MacにMountain Lionをインストールした後、Mountain Lion インストールappは消えてしまいますが、Mac App Storeから再度ダウンロードできます。(購入済みのタブにあります。)
Mountain Lionインストール.appを再度ダウンロード



2)InstallESD.dmgを探す


イメージファイルを探します。
Mountain Lionインストーラー.appを右クリック(controlを押しながらクリック)、メニューから「パッケージの内容を表示」をクリック。
Mountain Lionインストール.appを右クリック(controlを押しながらクリック)、メニューから「パッケージの内容を表示」

Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg
Mountain Lionインストール.app > Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg

これが、Mountain Lionのインストーラー。

このdmgファイルを取り出して、空DVDやUSBメモリ、SDカードなんかのメディアに入れて物理Mountain Lionインストールディスクにします。Mountain LionのInstallESD.dmgは4.35GB。USBメモリなら8GBのものがいいでしょうね。


3)InstallESD.dmgをUSBメモリやDVDに復元


ディスクユーティリティで簡単にできます。
今回はUSBメモリでつくります。

USBメモリやSDカードの場合は、Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマット(消去)しておきます。イメージディスクを復旧でコピーするので名前は何でも良いです。
Mountain LionインストールディスクにするUSBメモリをフォーマット


ディスクユーティリティの復元から
ソース:InstallESD.dmg
復元先:さっきフォーマットしたディスク
(ドラッグ&ドロップで出来ます。)
USBメモリに InstallESD.dmgを復元
復元ボタンをクリックして進めばOK。
10分ちょっとで出来上がりました。

[追記]
インストールディスクをUSBメモリに作る際、イメージディスクをマウントしてその中身をソースに指定しないと上手くいかないことがあるようです。


DVDで作る時は、上部のディスクを作成ボタンからInstallESD.dmgを指定すればOKです。





Mountain Lionクリーンインストール[ディスクの消去(フォーマット)+インストール]


先ほど作ったお手製OS X Mountain LionインストールUSBから起動します。

システム環境設定の起動ディスクからでも、option押しながら起動でもどちらでもいいです。
Mountain LionインストールUSBから起動する。
Mountain LionインストールUSBメモリから起動する(2)
(※写真が全編にわたって汚いです。ごめんなさい。私のブログ作成環境ではこれが精一杯です(´Д⊂ヽ)


ディスクユーティリティで、これからMountain Lionを入れるディスクを消去します。
Mountain LionインストールUSBメモリのディスクユーティリティから

Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマット
名前はMountain Lionにしました。
0消去でなければ時間はかかりません。
ディスクユーティリティでこれからMountain Lionを入れるディスクをフォーマット。



ディスクユーティリティを終了して、いよいよMountain Lionのインストールです。

Mountain Lionの再インストールを選びます。(再じゃないけど、新だけどw
Mountain LionインストールUSBメモリからOS X Mountain Lionをインストール


OS X Mountain Lionインストール画面1

使用許諾条件に同意しないことには始まりません。
OS X Mountain Lionインストール画面2 同意書

OS X Mountain Lionを入れるディスクを選びます。
パーティションをきってあったりして複数ある場合は要注意です(`・ω・´)ノ
Mountain Lionを入れるディスクを選ぶ。

インストールの準備中。
Mountain Lionインストール準備中

Mountain Lionインストール中


ここまでで、25分くらいかかりました。※MacBook Air(Mid 2011)





インストールが終わると、アカウントの設定です。
最初のアカウントやMacの設定画面

全部並べるとキリがないのでMountain Lionらしい設定をピックアップ。


位置情報の設定。
OS X Mountain Lionでは位置情報の設定が最初に出てきます。
iOSの設定も出てきますね、こんな画面w

iCloud、iTunes Store、Mac App Storeのの設定。
OS X Mountain LionではiCloudの設定も最初にでてきます。
…、ねぇ、Appleさん。私、iCloudとiTunes Storeのアカウント違うんだよ…(´・ω・`)

スキップしても大丈夫。あとでシステム環境設定や、各アプリからできます。


今回からアイコン選びもアカウントの設定に入りましたね~。
OS X Mountain Lion、アカウントの設定
アイコンをクリックすると画像が変えられます。たぶんw


同意書や登録など、以前とは違うインターフェイスになってはいますが、基本的には同じです。

Mountain Lionのクリーンインストール完了です。



クリーンインストール完了。OS X Mountain Lionが使える様になりました(*´ー`*)
Mountain Lionを入れたMacBook Airスクリーンショット
11インチのディスプレイは横長ですなぁ。OS X Mountain Lionの新壁紙、シマウマ来襲にしてみましたw




以上、OS X Mountain Lionの物理インストールメディアを作って、クリーンインストールする方法でした( ´ ▽ ` )ノ





スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MountainLion タグ OS タグ Apple