もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『純正Apple iPad Case 仕様とファーストインプレッション』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2010年

07月

24


「ん、なんじゃこれは?ハテナ」
おかしい…私のは黄色いツヤツヤのGelliを着ているハズである。(参照「iPadのケースをつける事とす」)

ipad_jun_case1
(黒い巨大手帳、お馴染みリンゴマークがっ)


昼、居間に来てみると見慣れないものが突然現れていた。ディスプレイの中では見慣れた物ではあるのだが、リアルで見るのは初めてだ。おおっ!初めまして純正ケースさん。
昨日、私がmy iPadにケースを装着しているのを見た母親が「あっ、いいなー。私も何かケース欲しいなー」と言っていたのを思い出したのであった。


   ・・・・・・・・・


江戸っ子の生き残り(絶滅危惧種、ここでは母親の事を指す)の特徴は即決、即行動。考える前に体が動いてしまうのだ。
今日も早よからこの猛暑の中チャリンコを飛ばして( #`Д´)、銀座のApple Storeに行って速攻買って来たとのこと。おおっ、さすがです、お母さん。

これはー、あの『純正品ケースにもかかわらず、装着した状態では純正Dockにささらない』事で有名なApple iPad Caseですね。ちょっと興味があったんですよね。早速勝手にいじってみましょう。




[スペック]
(※正確な数字に非ズ。ノギスとか持ってないし。)

ipad_jun_case2


装着時のサイズ約 250×200×17 mm
重量だいたい160 g
液晶部分の蓋の厚み2 mm弱


ケース自体はとても薄い、サイズもiPadにぴったり、ぎりぎり。他のカバーつけてたら入りませんな。シール系だったらいけるかも? 厚みは一番厚い所の数値。
薄い割に重い。しかし装着時に特別重いとは感じず。持ち運びを前提としている場合はプラス160gはやや残念な数字か。


ipad_jun_case4
ipad_jun_case3

蓋を引っ掛けて立てた時の傾斜角度77度くらい
蓋を引っ掛けて寝かした時の傾斜角度17度くらい


立ててしまうと操作するのはもちろんのこと、目線の高さまでiPadの位置をあげるのでなければ動画を見たりする事にも向いてない。大きい写真立て(フォトフレーム)の様。飾りっぽい。77度か…かなり急な坂、上から覗けばほぼ絶壁。yucovin的にはもう少し角度がなだらかな方がいいのにと思う。
寝かした状態は使えそう。机の上でも、膝の上でもいいカンジ。



[触り心地]
マットな質感で手が張り付く。滑って取り落とすやうな心配はナシ。yucoivn的にはマットで細かいざらざら感がちょっと嫌。



[デザイン]
形はいたってシンプル。iPad収納部分のまわりの"とじしろ"(何と言うかバリというか、縫ってないから縫い代じゃないんだけどそんなやつ)は好みが分かれそうである。黒リンゴはシブくて良いとの意見も。



[その他]
なんだろ、素材のせいなのだろうが、白く汚れ(ほこり?)ようなものが付きやすい。こすれば直ぐ取れるが、ちょっときちゃなく見えてしまう。薄い割にずいぶんしっかりした印象。これはとっても◎。しかし、一度装着したら、iPadを出すのは至難の業。yucovinは無理に出そうとしたが、これ以上やってケースが壊れると母が泣くのでやめておいた。何らかしらコツがあるのだと思われる。




問題のドックにささらない部分のUP画像。
ここを切り取ればDockにさせるというレビュー多数あり。我が家にはDockがないので心配無用。

ipad_jun_case5
この出っ張り(バリ的な物、バリではない)がDockと干渉。物理的に無理。iPadから端までの距離4mm程度。


Apple iPad Caseのファーストインプレッションはこんなカンジである。
これから買おうと思っている方の参考になれば、分度器を一生懸命探した甲斐があると云うもの。うんうん。
実際使っていってのレビューは、そのうち母に聞く事にする。本人は「かっこいー」と満足気。よかったよかった。

ちなみにオンラインストアでは「出荷予定: 5-7 営業日」になっているが、銀座のアップルストアには7月初めから普通に在庫があった。もちろん今日も。


こうして、私のCase-Mate Gelli Kaleidoscope Caseのレビューは先送りになるのだった。(・∀・)


   ********


ところで銀座のApple Storeのエレベーターって『ボタン押しても何も起きない、開け閉めも全自動で各階止まる』使用なのは結構とまどいませんか? すっごく時間かかるし。母もよくわからなくて戸惑ったようです。銀座以外もそうなのかな? 各地方のアップルストアもそうなのかな? 世界的にそうなのかな?
(もし良かったら教えてくれると嬉しいです…なんて。そんな親切な方はコメント欄へ)



このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ iPadアクセサリー タグ iPad

ブログ内関連記事
Loading

純正ケースについて
はじめまして。こんにちは。
純正ケースの使いごこちはいかがでしょうか。
4mmほどのバリの部分がクッション代りになってくれてよかったりしますね。

ちなみにアップルストアのエレベータは何も触る必要がないんじゃないかと。。。
そういうものだと思っていたのですが。
[ 2010/07/25 14:02 ] [ 編集 ]
Re: 純正ケースについて
酔猫庵さん

> はじめまして。こんにちは。

はじめまして!書き込みありがとうございます。


> 純正ケースの使いごこちはいかがでしょうか。
> 4mmほどのバリの部分がクッション代りになってくれてよかったりしますね。

「バリがクッション」! おぉ、なるほどです。そうですね、そういう役割もあるんですね。うんうん。
使い心地は良好のようです。


> ちなみにアップルストアのエレベータは何も触る必要がないんじゃないかと。。。
> そういうものだと思っていたのですが。

そうなんですよ。何も触る必要がない全自動エレベーターなんですよね。それが戸惑いませんか?
普通エレベーターっていたら、行き先階のボタンを押して扉閉めるボタンを押しますよね。
もしかして、アップルストアの様に操作不要な仕様のエレベーターって普通なんですか?
もしかして、私が世間知らず?(^-^;)


良かったらまた見に来て下さいね。
酔猫庵さんのサイトにもおじゃまさせていただきます。(´∀`)
[ 2010/07/25 14:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可し、公開しない。(つまり内緒話?)  
・コメントは認証制です。
・現在管理人多忙のため、コメントにお返事が出来ない事がほとんどです。ご了承下さい。  

[おやくそく]
・コメントをつける方は必ず自分のメールやサイトのURLをご記入下さい。所在の分からない方のいい加減なコメントは削除します。
・宣伝目的や明らかに内容にそぐわないもの、いわゆる公序良俗に反することや誹謗中傷めいたものは削除します。
・管理人および見に来てくださった方を不快にさせる可能性があるものも内容にかかわらず削除します。
・そのようなものを目にした時に応戦するようなコメントをつけることも避けてください。こちらも削除します。
顔の見えないインターネット上のやり取りなので誤解が生じることがあります。諍いに発展する事は本意ではありませんのでご理解下さい。内容も言葉も少し気をつけて頂くだけで、コメント欄はとても有意義な交流の場になります。ご協力お願いします。(^_^)

トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。