もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『ユーザが手軽に出来る検査プログラム『Apple Hardware Test』を行ってみる』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

07月

12


みなさ~んo(´∀`)o
あなたのMacは元気ですか~?

私のMacは全然ダメダメです。(笑)
2度のロジックボード(マザーボード)の交換さらにGenius Barのスタッフさんの言う事を信じてOSのクリーンインストールをしましたが相変わらずです。
もう笑うしかないですね。^^



満身創痍のMac、何が悪いんでしょうね?
そんなMacをGenius Barに持ち込むと必ずやってくれるのが検査プログラムでハードウェア上のエラーをチェックする事。
実際やってもらった事がある人も多いのではないでしょうか?


Macの不具合を調べる検査プログラムには3種類あるそうです。
(Genius Barのスタッフさん談)

○Genius Barカウンターで行う数分で出来る簡易テストプログラム。
○時間のかかるもうちょっと詳しい結果の出るテストプログラム。(通常は預かり時のみ)
○ユーザが手軽に出来るMacintosh同梱の『Apple Hardware Test』


2番目の詳細テストプログラムはAppleの人でないのでどんなものかわかりませんが、Macを購入するとついてくる『Apple Hardware Test』はジーニアスカウンターで行ってくれる簡易テストプログラムと似たようなものらしいです。
(説明してくれたスタッフさんがお勧めしていました。^^)


折角ですので、ロジックボード交換してもOSのクリーンインストールをしても調子の悪いMacBook Proにこの『Apple Hardware Test』を施してみようと思います。(*´艸`*)




●Apple Hardware Test とは

「Apple Hardware Test」は、ロジックボード、メモリ、およびワイヤレス機能など、コンピュータに内蔵されているハードウェアの問題を検出するための診断ツールです。このツールは、USB 装置や FireWire 装置のような外付けのハードウェア、他社製の PCI カードなどのアップル純正ではない装置はチェックしません。また、オペレーティングシステム(Mac OS X)の問題や、アプリケーションまたは機能拡張の互換性のようなソフトウェア関連の問題についてもチェックしません。

「Apple Hardware Test」を使用すると、Mac OS X の起動はできなくてもコンピュータを起動できる場合があります。



○Apple Hardware Test の使い方
「Apple Hardware Test」を使用する前に、外付けの装置(アップル製のキーボード、マウス、モニタ、およびスピーカは除く)をすべて取り外します。また、Ethernet のネットワークケーブルもすべて取り外しておくことをお勧めします。MacBook Air をお使いの場合は、MacBook Air SuperDrive を接続する必要がある場合があります。次の操作を実行する前に、これらの手順を印刷しておいてください。

1. 「D」キーを押しながら、コンピュータを再起動します。

2. 「Apple Hardware Test」の言語を選択する画面が表示されたら、適切な言語を選択して、Return キーを押すか、右矢印ボタンをクリックします。

3. このバージョンの「Apple Hardware Test」でお使いのコンピュータがサポートされていない場合は、エラーダイアログが表示されます。コンピュータをシステム終了して、このコンピュータ用の「Apple Hardware Test」を含む正しい DVD を使って、上記の手順を行う必要があります。

4. 「Apple Hardware Test」でコンピュータが再起動しない場合は:
a) 「Apple Hardware Test」が含まれている DVD を使ってコンピュータを再起動します。このドキュメントがある DVD と同じ DVD のはずです。「D」キーを押しながら、コンピュータを再起動します。
b) お使いの Mac のファームウェアパスワードが設定されている場合は、Mac OS X インストール DVD から起動するときに、まず「ファームウェアパスワードユーティリティ」を使用して、パスワードを無効にする必要があります。





Apple Hardware Testを行う


Apple Hardware Testは、通常、購入時にMacと一緒に同梱されているインストールディスクに入っています。

満身創痍のMacBook ProとApple Hardware Testの入ったインストールディスク



私のMacBook Pro(mid 2010)ではOSの方ではなく、アプリケーションの方のディスクに入っています。


Apple Hardware Testの入ったインストールディスクのアップ


ディスクにはご丁寧に「Apple Hardware Testをするには、Dキーを押したままMacを起動すべし」と書いてあります。


DVDをセットして、Dキーから起動します。

Apple Hardware Testは比較的すぐに立ち上がりました。

Apple Hardware Testを立ち上げると



言語を選んで右下→をクリック…


Apple Hardware Testのテスト画面



数十秒考え事をしていましたが、すぐにハードウェアテストが行えるようです。


"ハードウェアテスト"以外のタブですが
情報にはApple Hardware Testのバージョンが。

Apple Hardware Testの情報タブ


3.3.1-3A185 らしいですw


ハードウェアプロファイルはMac本体のハードウェアの情報が見られます。

Apple Hardware Testのハードウェアプロファイルタブ


システムプロファイラで見られる情報の抜粋ですね。




早速テストしてみます。
ハードウェアテストには二種類あるようです。
ノーマルテストと全テスト

全テストを選ぶと1時間以上かかるそうですが…


ここは徹底的にやってみたいので全テストにチェックをいれてハードウェアテストしてみます。

30分弱でテストブログラムが終了しました。
時間からすると、全テストしてくれた訳でなく途中で止まったようです(・∀・;)

Apple Hardware Testを行うと…エラーが出ました。

まさかのエラー。
いや、ちゃんとエラーが出た事に驚きです。

"4SNS/1/40000000:TmOP-62.500"
というエラーを検出しました。
一体何のエラーなんでしょうか?(∩゜д゜)


途中で止まった感があるので、今度は数分で終わるらしい簡易テストプログラムを走らせます。

もう一度Apple Hardware Testを行うとまた違うエラーが出ました。

エラーでました。今度は
"4SNS/1/40000000:TmOP-63.000"
だそうです。


エラーをメモってAppleCareにお問い合わせ下さいという案内が出ています。

(ネットでエラーコードを検索してみましたが、:以下が同じものは全く見つけられず。)





Apple Hardware Testエラーコードを持ってAppleサポートに電話


上にエラーコードを伝えたところ、
「ロジックボード一部の不具合(メモリ関係)」
という事でした。
が、詳細は教えられないそうです。
あれ~?だってAppleCareに連絡してって書いてあったのに~。秘密なんだ~(^o^;)


また「Apple Hardware Testでエラーが出たらからといって、問題があるとも限らない」と案内されました。
もちろん、エラーが出なくても問題がある場合もありますので、テストプログラムはただの補助でしかありません。

しかし手近にあり、簡単に検査できるのですから便利ですよね。
「最近Macの調子が良くない気がするなぁ~」なんて人はやってみてもいいかもしれません。(*´ー`*)







もちろん、この話は続きがあります。
テストプログラム云々以前にMacBook Proが…^^;)ですからw
そもそもロジックボードも交換したばかりなのに…一体?



このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ MacBookPro タグ トラブル

ブログ内関連記事
Loading

おー
テストでエラーちゃんと出るのねーw
でもメモリ関係って事はメモリが悪さしてるとか?
修理に出すときってメモリは元に戻して出してますか?

って事で今日は初のiPad2からの書き込みでした~www
[ 2011/07/12 00:34 ] [ 編集 ]
No title
こんばんわU・x・U
怒涛の連続更新お疲れ様です(*^◯^*)

エラーがちゃんと出るって事は(ちゃんと?)ある意味問題を特定しやすいかもしれませんね(^O^)/
これで調子が戻れば良いですね!手間のかかる子ほど愛おしいと言いますが、出来ればコンピュータには
優秀な子でいて欲しいですもんねw

早く良い子になるように優しく撫でてあげましょうねw
[ 2011/07/12 00:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/12 00:57 ] [ 編集 ]
秘密
こんにちわ(^o^)

へ~ですね あのインストールディスクにテストプログラムも入っているんですか~
でもしっかりエラーが出るんですね 連絡して下さいって割には内容はほとんど秘密で
教えてくれないんですね "4SNS/1/40000000:TmOP-63.000"のエラーコードですけど
前半分で検索をするとロジックボードの故障らしいという検索結果が多く上がって
来ますね ロジックボード新品の筈なんですが・・・・・メモリ関係との事ですが
メモリは勿論工場出荷状態の物を使っているんですよね フルテストと簡易テストで
上がって来るエラーコードが違うというのも嫌ですね~
修理はまたロジックボードの交換なんでしょうけど 後は続報期待ですね~

それでは(・∀・)
[ 2011/07/12 04:54 ] [ 編集 ]
何でしょうね
おはようございます。
MBP17の長期の不調の中、お仕事、ブログ更新、
お疲れ様です<m(__)m>。


2回のロジックボード交換&、新品でも同現象~。
いくら普段「めんどくちゃい」さんの私でも、もう、お怒りですね!

「Apple Hardware Test」は、アップル純正の診断ソフトなので
部品交換後(メモリ、HDD、SSD)は必ず、私は実施します。
メモリは相性が有るので特に。
テストでエラーが出たら、確実にハードですね。
エラーコードからマザーのメモリですか!!
マザーにメモリ??? CPUのキャッシュかGPUのメモリでしょうか?

*テスト、初期の純正メモリで実施していますか?と1つ疑問。
 初期純正メモリで無ければ、純正で再テストをお願いします。
 
て、まだ、このお話し続きが有るのですよねw。
続き、まってます(>_<)ゞ


それでは(^O^)/
[ 2011/07/12 07:38 ] [ 編集 ]
No title
こんばんわ。

『Apple Hardware Test』あるのは知ってましたが、使った事は無いですね。
ユコびんのMacBookPro17君、ホントに…中身は新品同様なのに。不思議です (?_?)
家の15インチ君は、蓋を閉じてスリープすると定期的に起きたり、寝たりしはります。
それぐらいですかね (*´∀`*)テヘ♪

ちょっと違うかもしれないですが、
DVDレコーダーやBlu-rayレコーダーを一度修理に出すと数ヶ月後にまた、故障って。
部品一式交換してるのに…フシギです。

Airにバックライトキーボードが復活?
もう間もなくですね、LION&Air(*´艸`*)♪
[ 2011/07/12 23:14 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは~。

Apple Hardware Testなんてできるんですねぇ。
7年近くMac使っておきながら全く知らなかった…_| ̄|○
んー、でもハードウエア的にはユコびんのMBPはロジックボード交換してるので
問題はないとは思っていたんですけど…ん~、な結果ですね(~_~;)

さすがにここまで不調だと何が悪いのか訳が分からなくなりますなぁ。
Lionリリースを前にしてクリーンインストールまでしてこんな状態は悲惨すぎます。

Apple、なんとかしてやってくれ~~。
[ 2011/07/13 00:53 ] [ 編集 ]
エラーコードの内容は秘密という…(^-^;)
*** もでるさんへ ***
ロジックボードって言ってたのでメモリ本体かどうかは…
そしてこのテストの信憑性も…^^;)
あ、メモリはもとに戻していますよ。
2度目の修理から返ってきてからは様子を見るために触っていません。

をを、記念すべきiPad2からの初投稿、ありがとうございます!^^




*** さきでんさんへ ***
エラーが出てくれたのはある意味嬉しいですけど…
はて?ロジックボードは交換したばかりです…^^;)
どうなってるのかしらん(@-@;)

そうですよ~、パソコンは手がかからない方が嬉しいです。
なでなでが足りないんですかね。
な~で、な~で。




*** koozypさんへ ***
そうなんですよ、本体のおまけにテストプログラムがあったんですよ。
AppleCareに連絡してサポートを受けるようにいってくれるわりに…です^^;)

エラーコードはAppleのディスカッションくらいしかヒットしないですよね。
ロジックボードは最近交換、メモリももちろん出荷時のものです。
ホントにも~。
謎です。
謎だらけです。




*** robo_kumaさんへ ***
ありがとうございます!
今回のOSのクリーンインストール後、不具合が出た時のがっかり度といったら^o^;)アハハ

ロボくまさんはいつもApple Hardware Test利用してるんですね!
私は今回が初めてです。
これからはロボくまさんを見習ってメモリやHDDを差し替えた後もするようにします。

マザーボードのメモリ関連と言っていたので、
メモリまわりの何かという事だと解釈しました。

メモリは初期純正ですよ~。もちろん^^
そこらへんは抜かりなしです、隊長!




*** やっちんさんへ ***
そうなんですよね、マザーボードの交換って付属部品も全部交換のはずですよね~。
不思議でしかたありません。

前のMacBook黒でもそうだったんですが、ふたを閉じてスリープさせると、おかしくなることがありました。ふたを開けるとスリープ。閉じると起きるという逆転現象。^^;)
あれはちょと困りました。

やっぱり修理があまりちゃんとされてないと考えるしかないんですかね^^;)




*** Kenta_meさんへ ***
およ、けんた_みさん知らなかったですか?
私は以前どっかで読んだような~、で一応知ってました。^^

本当に変ですよね~
ロジックボード交換してるのに…
このテストプログラム自体もアヤシかったりして…^^;)
自分で書いてて、この状況がちょと悲しいです。

けんた_みさんも一緒にアップルさんに訴えてく下さい~
「なんとかしてよ~~、<s>どらえも~ん</s> あっぷるさ~ん」
[ 2011/07/13 03:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可し、公開しない。(つまり内緒話?)  
・コメントは認証制です。
・現在管理人多忙のため、コメントにお返事が出来ない事がほとんどです。ご了承下さい。  

[おやくそく]
・コメントをつける方は必ず自分のメールやサイトのURLをご記入下さい。所在の分からない方のいい加減なコメントは削除します。
・宣伝目的や明らかに内容にそぐわないもの、いわゆる公序良俗に反することや誹謗中傷めいたものは削除します。
・管理人および見に来てくださった方を不快にさせる可能性があるものも内容にかかわらず削除します。
・そのようなものを目にした時に応戦するようなコメントをつけることも避けてください。こちらも削除します。
顔の見えないインターネット上のやり取りなので誤解が生じることがあります。諍いに発展する事は本意ではありませんのでご理解下さい。内容も言葉も少し気をつけて頂くだけで、コメント欄はとても有意義な交流の場になります。ご協力お願いします。(^_^)

トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。