もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『VMware Fusion 4にOS X v10.7 LionをインストールしてLion in SnowLeopard(Lion)』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2011年

11月

16


先日のエントリでVMware Fusion 3からUbuntu 11.10をMacにインストールしたユコびんです、こんにちは。

今までVMware FusionはWindowsでしか使ったことがなかったのですが、ご存じの通りいろいろなOSの仮想環境を作ることが出来ます。

Ubuntuをいれて楽しくなった私、勢いでMac OSも入れちゃいました。
VMware Fusion 4は公式にOS X v10.7 Lionもサポートしています。え?アプリがLion対応になったということではく、ゲストOS(仮想の方のOS)にLionが加わりました。それまでMacはserver OSだけでした。


それではまいりましょう。
Lion in SnowLeopard !
( ´∀`)ノ

VMware Fusion 4でLion in SnowLeopardとLion in Lion
おまけにLion in Lionもやってしまいました(笑)




VMware Fusion 4にOS X v10.7 LionをインストールしてLion in SnowLeopard


さて、下準備。仮想マシンにするOSのファイルが必要です。
LionはDVDディスクがありません。
Appleから正式リリースされたOS X Lion USBメモリ版ですが、VMware Fusionでは使えないようです。

なので、私はMac App StoreからダウンロードしたLionのインストールディスクイメージを使ってLionを入れる事に。
インストールディスクイメージの場所は…

Mac OS X Lionインストール.appを右クリック、「パッケージの内容を表示」をクリックして
Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg

です。
これから作ったインストールディスクも使えると思います^^


1)VMware Fusion 4、仮想マシンの新規作成を選びます。VMware Fusion 3とデザインが変わってます。
VMware Fusion 4、新規仮想マシンの作成です。


2)ディスクは作っていないので「ディスクを使用せずに続行」
VMware Fusion 4、USBのLionは反応してくれないので、「ディスクを使用せずに続行」を選びます。


3)OS X Lion USBメモリ版は選べないので、下準備で用意したInstallESD.dmgを選びます。
VMware Fusion 4、MacApp StoreからダウンロードしたLionからインストールディスクイメージを指定します。


4)オペレーティングシステムとバージョンを選びます。スノレパ以前はサーバーだけですが、Lionは通常のOSもサポートです。あれ?Lionサーバーは?
VMware Fusion 4、自分でオペレーティングシステムとバージョンを選びます。


5)お任せデフォルトでも良いですが、カスタマイズも出来ます。
デフォルトの設定を変える場合は設定のカスタマイズを押して進みます。


6)仮想マシンファイルの名前を決定するとOSのインストールが始まります。
(*VMware Fusionさんが考え事をするのかちょっと間がありますww)
VMware Fusion 4、仮想マシンファイルの名前を決定するとOSのインストールが始まります


7)カスタマイズを選んだ場合はここでカスタマイズ用の画面。後で変更出来るものが多いです。
VMware Fusion 4、カスタマイズを選んだ場合はここでカスタマイズ用の画面


8)すこし間があって、OSのインストールが始まります。通常のMacのOSインストールと全く同じです。
20分弱でアカウントの設定まで終わっちゃいました。
ユコびん環境:MacBook pro 17"(Core i7 Early 2011)/MacBook Air 11"(Core i7 Mid 2011) 両方ともほぼ同じくらい。若干Airの方が速かった…
OS X Lionのインストールはいつもと同じ。20分くらいで出来ました。



9)あっと言う間にLionが入りました~(・∀・)
VMware Toolsを入れておきます。仮想マシンにマウントされてるLionインストールディスクをアンマウントした後、再起動。メニューの仮想マシン > VMware Toolsのインストール。
VMware Fusion 4、VMware Toolsのインストールの方法


10)普通にアプリをインストールするのと同じ。OSのアップデートもおんなじです。
VMware Fusion 4の仮想マシン、プログラムのインストールも普通と一緒。




ということで、
Lion in SnowLeopard !

VMware Fusion 4でLion in SnowLeopard

と、この画面を出してみたかった(笑)
私はもうLionに完全移行の予定なんですが、まだSnowLeopardをメインにと考えている人は仮想でLionを試すといいかもですね。

VMware Fusion 4でLion in Lion

あまり意味があるとも思えませんが(笑)Lion in Lionもw
この仮想環境で思いっきりいろんな事を試せる??(・∀・)



ちなみにVMware Fusion 4はMac OS X 10.6.7 以降、Mac OS X Lion 推奨です。Leopard以前は3が良いようです。^^







仮想環境がこんなに簡単に作れる時代…すばらしいですね~
(ってそれ以前を知らない私…^^;)
Parallelsも有りますが、私はVMware Fusionしか使ったことがありません。
act2さんでダウンロード販売してます。^^
プロモーション期間として、2012年1月31日(火)までパッケージ版・ダウンロード版共に標準販売価格 7,800 円(税込)を特別価格 4,900 円(税込)とのことです。

4900円か…ちょっと高い?と思ったんですよね、確か3を買った時はキャンペーンですごく安かったような…?飛びついて買った記憶があります。と思って見てみたら同じ4900円(^∀^;)
最近はApp Storeなんかでよくセールをしてるから金銭感覚が変になってるんですね~。
アップグレード版がないので、ちょっとなぁと思いますが、4900円で仮想環境が簡単に手に入れられるのはお手軽ですよね。

でも、仮想Lion、ちょっと動作がうまくいかないところがあるんですよね…(-""-;)
速く安心して使える様になって欲しいです。
って、仮想マシン本命のWindows7買わないとなぁ…
(・∀・;)









このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Mac タグ OS タグ Lion タグ App

ブログ内関連記事
Loading

やってますね~
こんにちわ(^^♪

やってますね~さすがは◯◯ク女子のyucovinさんですね~
でもLion in Lionはやりすぎな様な気が・・・・
コレで検証して慣れて移行ですね~移行するならLion in
snow leopardで環境を作ったらどうでしょうか?
困ったら仮想のスノレパさんに助けを乞うって事で
一気に移行をしてしまうんです~
次はWindowsさんですか~Windowsを使うyucovinさんは
想像しにくいですね~

それでは(^^)

PS 〇〇内はご想像にお任せします~~~


[ 2011/11/16 23:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/11/17 00:19 ] [ 編集 ]
仮想環境、便利ですよね。
私もAir(Mid 2011)のLionにVMware Fusion 4入れてます。
Airを購入するまでWindowsXPのデスクトップ機を使っており、
仕事上、手持ちのOfficeやVisualStudioなんかを利用したかったので
ブートキャンプでWinXPを入れてVMwareで起動しようと思ったのですが、
LionにはWinXP用のドライバーが付いていないことを
Airを購入してから知りました(笑
で、仕方なくWindows7を購入して、今はWindows7 in Lionです。
[ 2011/11/17 02:54 ] [ 編集 ]
No title
Lion in Lion in Lion とかも出来ちゃうのかな?(笑)
なんだか合わせ鏡を見ているようです。
ウチはParallels で Win7 in Lionです。
Parallels はコヒーレンスモードが便利ですよ♪
[ 2011/11/17 12:37 ] [ 編集 ]
No title
Lionサーバー 現在テストでMBP(mid2007)に入れてみたんだけど、OSのバージョンはLionでサーバーはまるでアプリのように動いてますし、Lionを入れないとDLできないわけで・・・ VMにLionを入れないと話にならないから表示されないのでは?と思いますが・・・確信はありません(笑) ちなみに僕はVM3でwin7を動かしているのですがVM3とVM4って体感で感じる差って何かあります?
[ 2011/11/18 01:05 ] [ 編集 ]
Lionの中にLion~♪
*** koozypさんへ ***
え~、何ですか?〇〇に入るのは?
ひどいことじゃないですよね~~(^∀^;)

仮想Snow Leopardさんはダメらしいですよ~。
出来たらいいんですけどね。

Windows、私もちょっぴり使うことあるんですよ~。
ちょびっとですけど(笑)



*** たにっちさんへ ***
そうなんですよね、新しいMacは古いOSサポートしてないですよね…(^◇^;)
そこら辺はたまに話題になります。
こまりますよね。
Windows 7、私も買わなくっちゃです~。



*** よっしーさんへ ***
仮想マシンにVMware Fusion入るのかしら??(∩゜д゜)
そうなると…んー、すごいことになりそうですね。
Parallels、私は一度も使ったことがないんですけど、コヒーレンスモードってなんでしょ?^^
仮想マシン上で動いているアプリをMac上の1つのアプリみたいにする…のかな?
VMware Fusionにも似たのがありますけど…全然違うのかしらん?



*** yoichiro0701さんへ ***
Lionサーバーが候補に出てこないのは、そういうことなんですかねぇ…ふむぅ。
VMware Fusion 3と4ですか…?
特別違う感じはないですね~。
でもウブントゥが上手く入らなかったりと、バグっぽいところがちょくちょくあるような
気がします。気がするだけですけど(^◇^;)

[ 2011/12/01 04:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可し、公開しない。(つまり内緒話?)  
・コメントは認証制です。
・現在管理人多忙のため、コメントにお返事が出来ない事がほとんどです。ご了承下さい。  

[おやくそく]
・コメントをつける方は必ず自分のメールやサイトのURLをご記入下さい。所在の分からない方のいい加減なコメントは削除します。
・宣伝目的や明らかに内容にそぐわないもの、いわゆる公序良俗に反することや誹謗中傷めいたものは削除します。
・管理人および見に来てくださった方を不快にさせる可能性があるものも内容にかかわらず削除します。
・そのようなものを目にした時に応戦するようなコメントをつけることも避けてください。こちらも削除します。
顔の見えないインターネット上のやり取りなので誤解が生じることがあります。諍いに発展する事は本意ではありませんのでご理解下さい。内容も言葉も少し気をつけて頂くだけで、コメント欄はとても有意義な交流の場になります。ご協力お願いします。(^_^)

トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。