もっと知りたいリンゴあれこれ トップページボタン

もっと知りたいリンゴあれこれ

*Mac関連備忘録ほか+絵日記* Macを使いこなせるようになりたいyucovinが、日々(遅々と)精進する様を綴ったもの。

Blog内検索

このブログは引っ越ししています
このブログは2013.4.1にhttp://rinare.comへ引っ越ししました。
リンクは以下。
『もっと知りたいリンゴあれこれ(new)』
よろしくお願いします。
このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『スポンサーサイト』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

--年

--月

--

--/--/-- --. --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは2013/4/1に引っ越ししました。
2秒後にリュニューアルしたページに飛びます。↓↓↓
『Macの音量(ボリューム)を1/4ずつ調節できる小技、option+shift そして最小音量は…?』
飛ばない方は、お手数ですが上部リンクから新サイトを訪問してください。よろしくお願いします。

2012年

08月

03


Macのキーボードで文字キー以外によく触るキーってなんでしょうね?
commandやshiftキーはショートカットで多用しますが、私が意外ととよくいじっているキーはファンクションのF10、F11、F12です。
音量(ボリューム)調節のキーですね~。
MacのF10:ミュート(消音) F11:音量 down ↓ F12:音量 up ↑

F10:ミュート(消音)
F11:音量 down ↓
F12:音量 up ↑


事務所でも家でもMacで音楽なんかをガンガン鳴らすことは稀ですから、いつもおとなしモードです。基本は下から1メモリの音量 or 消音です。


Macの音量調節って、1メモリずつだと思ってたりしません??
ところがどっこい!実は1/4メモリずつ音量が調整出来るんですよ!

option と shift キーを押しながらF11(音量 down )や F12(音量 up )を押してみると…メモリ1/4で微調節出来ます。

Macの音量(ボリューム)はメモリ1/4で微調節出来る。
ピコピコと1/4ずつメモリが増えたり減ったり。細かく音量調節できます。 知ってました?w


これは割と有名な小技みたいです。以前くじゃくさんのところで知ってから、1/4調節無しではMacが触れない体になってしまいました(-""-;)

キーボードからアナログ出力音量を微調整するなら…… - リンゴが好きでぃす♪

OS X Lionでは、バグがあってしばらくの間(リリースから半年以上)1/4調節が出来なかったんですよね。辛かった…。(バグです、どう考えてもバグですヽ(`Д´)ノ)
あ! 新しいOS Mountain Lionは大丈夫ですよ。ちゃんと1/4調節出来ます。(o°▽°)oヨカッタ!




まめに音量調節をする私としてはコレがないとお話にならない(n;‘Д‘))n そんな小技紹介でした。



さらにもう一つ。
 
そうやって1/4調節で1メモリより小さな音量も設定出来るんですが、最小音量ってどこだと思います? 
F11キー(音量down)を押していってみてください。…最終的には音量0でミュートになりますよね。
ということは、1/4が最小の音量という事になる…?

Macの音量(ボリューム)、メモリ1/4の状態

このままF11キーをを押すと最後はミュート状態(音量0)に。ということは、ミュートになる直前の音量が最小だと思いますよね。
F11:音量 down を押しづけるとミュート、音量0になる。




と、思いきや実は1/4よりも小さな音量設定が出来ます。
F11キー(音量down)を押し続け、一度ミュートになった状態で、F10のミュートキーを押します。
すると。ものすごい小さな音ですが、音が出るようになります。これがMacの最小音量ですね。

メモリ0の状態でF10(ミュート)キーを押すと、メモリは0なのに音が出る。
メモリ0ですが、斜線が消えて小さな音が出るようになります。

(発見した時、これはブログネタだ!(( ゚ロ゚)ノ と思いちょっと興奮。でも需要ないなぁ~~と思ってw それからから随分経ちましたがやっぱり書いとこーと。)


本当に静かな部屋なんかだと使えますよ。(というか使ってます。)
特にイヤフォンを繋いだ時は便利です。音楽を聞くにしてもiTunesで音量調節できますが、それだと他の通知の音が相対的に大きくてビックリすることが(笑)
最小音量は環境次第かもしれませが、とにかく1/4の音量調節は使えますよ(*´ー`*)




【おまけ】
この「option」+「shift」の 1/4調節は、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトでも使えます( ´ ▽ ` )ノ
バックライトで1/4調節の効果のほどは微妙ですけど。バッテリのもちが心配なMacBook Airで1/4にして使う、とか?(笑)

MacのFnキー、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトを調節する。

「option」+「shift」の 1/4調節は、ディスプレイの輝度やキーボードのバックライトでも使えます

こちらもMountain Lionでも使えます。






たわいもない技ですが、ユコびん的にはサイコーなtipsです(*´∇`*)
もしまだ知らない方がいれば、使ってみて下さい~!





このエントリーをはてなブックマークに追加

tag :タグ Mac タグ MacBookPro タグ MacBookAir タグ iMac タグ OS タグ

ブログ内関連記事
Loading

No title
1/4の音量調節いいですね いっつも、微妙な調節できないのかな とおもっていました。
これからは、がんがん使わせてもらいます( ´∀`)b
[ 2012/08/03 01:46 ] [ 編集 ]
No title
便利な情報いつも感謝です。
最近更新が早くてうれしいっす^^
[ 2012/08/03 08:26 ] [ 編集 ]
No title
へ~、へ~、へ~
知らなかった...使わせて頂きますm(__)m
[ 2012/08/03 08:51 ] [ 編集 ]
Macのボリューム調節
コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
まとめコメント返しですみません(o_ _)o


Twitterなんかで見ると、意外に?知らない人もいるみたいです。
地味に便利ですよね!この技!\(^O^)/
きっと離れられなくなりますよっ。

[ 2012/08/05 17:08 ] [ 編集 ]
No title
これ便利ですよねーー!
音量は使ってたけど輝度も調整可能なのは知りませんでした(^0^;)
[ 2012/08/10 09:06 ] [ 編集 ]
へ〜
こんにちわ(^o^)

へ〜そんな事が出来るのですか〜10分の一単位から40分の一単位へ
4倍の精度で調節が出来るようになるのですね〜Airさん単体で使う時は
便利に使わせて頂きます〜いつもはクラムシェルでHDMI接続なので音量調節が無効に
なっていますから単体の時は便利そうですね

それでは(^O^)
[ 2012/08/16 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可し、公開しない。(つまり内緒話?)  
・コメントは認証制です。
・現在管理人多忙のため、コメントにお返事が出来ない事がほとんどです。ご了承下さい。  

[おやくそく]
・コメントをつける方は必ず自分のメールやサイトのURLをご記入下さい。所在の分からない方のいい加減なコメントは削除します。
・宣伝目的や明らかに内容にそぐわないもの、いわゆる公序良俗に反することや誹謗中傷めいたものは削除します。
・管理人および見に来てくださった方を不快にさせる可能性があるものも内容にかかわらず削除します。
・そのようなものを目にした時に応戦するようなコメントをつけることも避けてください。こちらも削除します。
顔の見えないインターネット上のやり取りなので誤解が生じることがあります。諍いに発展する事は本意ではありませんのでご理解下さい。内容も言葉も少し気をつけて頂くだけで、コメント欄はとても有意義な交流の場になります。ご協力お願いします。(^_^)

トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。